2007年4月30日月曜日

三日連続鯖落ちってどういう事よヽ(`д´)ノむきー

ツー訳で、GW前半戦は全滅と相成りました。どこからか変なアタックを受けているのか、はたまた、鯖で変なプロセスが21時になると動き出すのか・・・早い所直して欲しいですね。

2007年4月28日土曜日

【今週の水槽】順調・・・かな?

suisou_2007_04_29.jpgえっと、水質は下記の通りずっと横ばいで問題なしレベル。この所餌の量を多くしているにもかかわらず変化無しなので、水槽のバランスは順調なのかも知れません。ツー訳で今週も水換え無し・・・これで何週水換え無しなんだろう;

お魚さんは、先日導入したコリドラスパンダが一匹死んでしまいました。原因は分かりませんが、例の自分が出す毒に当てられた個体だったのかも知れません・・・残念(´・ω・`)。他に死にそうなグリーンネオンが一匹とラスボラが一匹。お年寄り~って感じなので静かに見守ろうかと思います。

んで、他のお魚さんですけど、プラティの雌とグッピーの雌のお腹が凄いです。プラティは透けて見えないので確認できませんが、グッピーは稚魚の目が見えているのでもう暫くすると産み落とすのかも知れません。タイニムファが激しくウザイんですけど稚魚が生まれた時のことを考えると、バリアとして残しておいた方が良いかなぁって考えていて、余り手を入れない予定です。

それと、今回熱帯魚屋さんへ行ったんですけど、欲しいと思うお魚さんが居ませんでした。先日伺った話では、最近中国の富裕層が買い漁っているそうで、日本自体への入荷量が減ってきているそうです。特に美麗でレアな熱帯魚は数倍の値段になっているそうで、真面目な話し業者の間では深刻な危機感を持っているそうな・・・石油や金属だけでなく、こういったモノまで大量消費とは・・・怖いですねぇ(´・ω・`)。

NO3:10-25
NO2:0
GH:3
KH:0
pH:6.4
PO4:0.1

2007年4月27日金曜日

第十八回合同レイド・・・延期(´・ω・`)

20時にEleonoraでログイン。Dさんと挨拶。ちょっと話しをしてからブローカーでいつもの飲み物と食べ物を購入し、上級スペルで出物がないかチェック・・・うーん、購入できるのは意味のないスペルばかりなのですっぱり諦めてボーンマイア:The Bonemireへ移動。20時半には集合場所のクラッシュサイトに到着し、その場でAFKを出して放置。

22時ちょっと前に復帰して挨拶。レイドに参加したら、Dさんが『実はリアルでちょっとショックな事があって元気ないんだよねー』と発言するのを見てあら?って。前段の話しが見えてないので、私には急なフリに感じましたけど、ま、多分そう言った流れの中で出た発言かと思いました。で、今日のレイドですけれど、集合メンバーがDさん、ファウムさん、イリルさん、ロメロさん、弁財天さん、グレさんと私の七名のみ。とてもレイドに行ける状況ではないのでレイドを諦め何をやるか相談した結果、ドラコ・モルトュース=ヴォス・リベラチオをやる事にしたんですけども、Dさんは集中力が落ちているとの事で不参加となり、六名で進める事になりました。

さて、各自進捗具合を確認した所、弁財天さんが最初から・・・ツーか、未受領と言う事でそこから始めました。んで、ドラゴンの骨集めなんですけども、そのフェーズをクリアしてしまうと見えなくなってしまうのでお手伝いできず・・・うーん、これって何とか修正して貰えないでしょうかね。収集できなくても良いので見えるようにして貰えるとヘルプできて嬉しいです。まぁ、ラグ対策のために余計なオブジェクトを消すって言うのは当たり前なのかも知れないけど、これは何とかして欲しいなぁ(´・ω・`)。

委託生産.jpg続いてはスケイルボーンの聖所:Sanctum of the Scalebornの地下工房にて魔よけ:an ornate phylacteryの生産です。生産レベルが60以上ないと作れないそうで、うちはファウムさんに作ってもらいました。素材もブローカーで用意して貰って、何から何までありがとう(´∀`*)。因みに委託生産ってこんな感じの画面が出て素材をセットするんですね。うーん、面白いなぁ。


Do`ellin the Young.jpgさてさて、続いてのフェーズはDo'ellin the Young捕獲です。Do'ellin the YoungのHPを10%迄削ってから、先程作ってもらった魔よけ:an ornate phylacteryを使うと、とっ捕まえる事が出来るんですが・・・このフェーズでは私が失敗しまくりまして三度目に漸くクリアと、皆さんにとても迷惑をかけちゃいました。注意点としては魔よけ:an ornate phylacteryの効果範囲がそれ程広くないようで、なおかつ、実行できる時間が短時間なので、なるべくDo'ellin the Youngの近くに寄って、HP10%になったらF8キーを押し、アイコン登録した魔よけ:an ornate phylacteryを実行するのが良いようです。

そして、次のフェーズは恐れで汚された活力のロッド:a fear-tainted energizing rodを、テネブラス・タングル:The Tenebrous Tangleの三つの島(恐怖に犯された島、ゲイザー島、ビクシー島)にセットするんですけども、私だけ何故かビクシー島でセットできずタイムアウト(´・ω・`)。もう一度やり直した時は、恐怖に犯された島でセットできずオロオロしてたら、ロメロさんのアドバイスでウォーグから降りてやってみたらOK。そしてゲイザー島は何事もなく、問題のビクシー島でやはり問題発生。ビクシー島ではウォーグに乗っていないで駄目だったので、騎乗してみたらどうかと試してみたらこれが成功でホッとしました。何か微妙な位置判定があるのかも知れないですね。

Spirit of Do`ellin.jpgんで、いよいよ最後のフェーズ。Spirit of Do'ellinの討伐です。Sinephobisと会話してポップさせたSpirit of Do'ellinをしばき倒してクエストクリア。因みにこいつはノックバックが頻繁でちょっと焦る場面もありましたが、ま、特に手こずる事もなく一回で完了できました。報酬にボーンクラスプド・ガードル:Bone-Clasped Girdleを貰い、コネコネして街へ戻りおやすみの挨拶を交わしてからログアウツ。


と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA57.28 -> 58.16
でした。

Bone-Clasped Girdle.jpg今日貰ったベルトだけど、キャスター向けの微妙な装備です。うちは今装備しているベルトより良い感じなので装備したけど、他の人達は速攻NPC売りなんだろうなぁ(´・ω・`)。ま、私もアンレストのラスボスから貰えるベルトが手には入ったら速攻売却だけどねw。
ではこの辺で。おやすみなさい。




��今日の3行ブログ>
---
Although today was the 18th joint RAID date, the participating member was postponed few.
We captured heritage Qwest "Draco Mortuus Vos Liberatio" instead.
I was glad to have cleared although I got very tired.

2007年4月26日木曜日

直ぐ目の前にいるじゃないのヽ(`д´)ノむきゃー

20時頃Eleonoraでログイン・・・ま、誰もいないよね(´∀`*)。そして今日はGU#34が導入されました。つー事で何をするかと言ったら、やっぱ新騎乗動物ウォーグ:Wargゲッツ、これでしょ。と言う訳でまずはブローカーから売上金を引き出してローピング・プレーン:Loping Plainsへ向かいます。幸いEleonoraは最近グレーター・フェイダーク:Greater Faydarkに駐在していたので移動も楽ちんです(*´д`*)。クエストをくれるWolfmaster Heinrichの居場所はガードにでも聞けば良いとSomborn村のガードに訊ねたら・・・知らないってどういう事よヽ(`д´)ノむきー。仕方がないのでAllakhazam.com EverQuest IIで調べたら・・・直ぐ目の前にいるじゃないのヽ(`д´)ノむきゃー。ま、いいや。もの凄い数のPCが群がる中、Wolfmaster HeinrichからクエストDire Wolfと語らえばを受領。因みに会話内容はこんな感じ↓。

ローピング・プレーン:Loping Plainsのオオカミたちは 狡猾であり、力強い。彼らは素晴らしい狩人だよ。あの子たちが獲物の後を追い、その喉笛に食らいつくさまを観察するのは 何にも代えがたい楽しみだ。なあ、あんた。察するに、あんたはこの美しき捕食者を愛でる心をお持ちと見た。よかったら手伝ってくれないか?
わかった。
俺は ローピング・プレーン:Loping Plainsのオオカミの管理を任されている。俺の仕事は、オオカミの数が健全な範囲に保たれているのを見定めることだ。そのために時々抜き打ちチェックを行う必要があるんだが、そのチェック対象を捕まえてきてほしいんだ。この口輪を使って、Dire Wolfを1頭連れてきてほしい。ハントはくれぐれも慎重にな。うかうかしてると、狩るつもりが反対に狩られちまうぞ!
いいよ。力になろう。
よし。そしたら、動物にゆっくり近づいて、次に、その補食本能を和らげるためにこの口輪を使ってくれ。いったん従順にして、オレの処に連れてきてくれ。
口輪を貰えれば直ぐにでも取りかかるよ。

さて、そう言う訳でDire Wolfをとっ捕まえないといけないね・・・何処にいるんだろう?;ウェブで調べてみたけど座標は書いてないし、仕方がないのでウロウロしてみる事に。村を出て外壁沿いに時計回りで移動しレッサー・フェイダーク:Lesser Faydarkゾーン口へ向かって移動してみるも、違う種類の狼しかいない。レベルも65以上で配置から考えるとLV60~のDire Wolfが居るはずがないと考え、LV60位のMobが居る所を捜してウロウロしてみた。丁度この位にロメロさんがログインしたので『Wargクエやらない?』と誘って二人組に。ロメロさんが来る迄一人で捜すべとSomborn村の北側を調べていたら・・・イタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!。ドキドキしながら捕まえようとしたら、横から来た人に持ってかれちゃった(*´д`*)あふん。

次~と捜したら直ぐに見つけて、ウキウキしながらしばき倒しても何も変化無し・・・『あれ?倒しちゃ駄目なのかな;う、生け捕りだ;』ってこの時になって漸く事情を飲み込めた私('A`) 。改めてDire Wolf Muzzleを使いDire Wolfをとっ捕まえてWolfmaster Heinrichに報告し、次のクエストDire Ravagerと語らえばDire Ravager Muzzleを受領。因みに会話内容はこんな感じ↓。

おっ! うまいこと連れてきてくれたな! どれどれ、その子を見せてくれ……
立派なサンプルでしょ? えへん。
いかにも、立派な子を捕まえてきてくれたな! 俺の見る限り、Dire Wolfたちは元気にやっているようだ。ありがとな。よかったらまだ手伝ってくれよ。
任せろ。次はどうすれば?
行き先は同じローピング・プレーン:Loping Plainsだが、今度はDire Ravagerを捕まえてほしいんだ。やってくれるかい?
いいよ。また力になろう。
それは助かる! Dire RavagerはふつうのDire Wolfより一段獰猛だから、近付くときは慎重にな。口輪をうまく使えれば あの子たちの本能を抑えることができるから。手なずけられたら また引っ張ってきてくれよ。
口輪さえもらえれば怖いものなし!

ここでロメロさんと合流を待っていたらイリルさんがログイン。サクッとインバイトして三人組に。揃った所でDire Wolfの居る所へ案内しあっという間にクリア。フェーズが揃った所でDire Ravagerを捜し始めたら直ぐに発見。とっ捕まえようとしたら他の人に持って行かれちゃった・・・うーむ、何とも凄いw。ラグでPCやNPCの表示がめっさ遅くなっているからこちらが居るのに気が付かなかったんだと思う。でも、ポルナレフじゃないけど、今何が起こったのか理解するまで暫く時間がかかっちゃった('A`) 。ま、次のを捜せばいい訳でちょっと移動したら直ぐ見つかりました。パッと捕まえて、イリルさんとロメロさんの分も捜そうとしたらイリルさんも捕まえてた。なので、ロメロさんの分を捜してウロウロしたんだけど・・・見つからない。時間切れになると嫌なので先に報告させて貰う事にして、Wolfmaster Heinrichに報告し、次のクエストDire Wargと語らえばDire Warg Muzzleを受領。因みに会話内容はこんな感じ↓。

あんたやるなぁ、Dire Ravagerもお手の物か! どれどれ、その子を見せてくれ……
なかなか頑固だったけど、なんとか捕まえられました。
いたたっ、噛むな、コラ! やはりDire Ravagerはかなりのオテンバだな! でも健康状態はバッチリのようだ、安心したよ。ところで、もう1種類捕まえてほしいオオカミがいるんだ。最後にもう1度力を貸してくれないか?
それはどうして?
恩に着るよ! 今回はお願いしたいのは、Dire Wargってオオカミだ。よろしくな。
いいよ。口輪ちょうだい。
よしよし。あんたに任せれば安心だ。頑張ってくれ!
口輪さえもらえれば怖いものなし!

Dire Warg.jpgで、ロメロさんの分を探しに出ようとしたら、ロメロさんも捕まえたみたい。でも、どんどんHPが減って遂に死亡(´・ω・`)あふん。リバイブしに行こうとしたら既に村に戻ってたw。んで、捜したけどイリルさんが見つけてロメロさんの分が完了。じゃ、私は自分の分をとっ捕まえに行ったら・・・どうも強いのを選んだらしくちょっとヤバめ。どうにか捕まえたと思ったら、さっき捕まえたDire Ravagerが何故か襲いかかってきて酷い目に。でも、強いDire Wargのお陰で何とかなりました。Wolfmaster Heinrichに報告しクエストクリア。因みに会話内容はこんな感じ↓。

本当にやるな、Dire Wargも手なずけたか! どれどれ、その子を見せてくれ……
獰猛なんてもんじゃない……
そいつは褒め言葉として受け取っておくよ。この子たちがひいきにされるのは、その獰猛さと力の強さゆえなんだ。よく頑張ったな。オオカミたちもあんたの匂いに馴れたようだ。これであんたもあの子たちの仲間だ。ウォーグに乗りたくなった時は、いつでも声をかけてくれよ。喜んで売らせてもらうから。
素晴らしい!

Blak Warg with Green Saddle.jpgそして、ロメロさんのヘルプに向かったら、丁度クリアした所でございました(*´д`*)。さて、それでは購入しましょうかね。イリルさんにどれを買うか訊いてみたら、やっぱり同じようなのを考えてたみたい。最初はBlack Striped Wargにしようかと思ったんだけど、悩んだ末にシンプルなので行こうと決めBlack Wargをチョイス。ワクワクしながら試乗してみたら・・・『ウハー、酔いそう(´・ω・`)』って感じ。それと、スピードですが45%と絨毯に比べて若干アップ程度なので滅茶苦茶な爽快感はありません。でも、よだれジュルジュルしてたり、走るとハァハァジュルってしてたりで、ちょっと面白いかも(*´д`*)あふん。

さて、そうこうしている内にギルドが賑やかになってきました。んで、タジタジさんとグレさんを誘ってOoB>CoVツアーへ出かける事にしました。LFGチャンネルでMTさんを募集し、SKのFさんに合流いただいてツアーへ出発。21時50分にオベリスク・オブ・ブライト:The Obelisk of Blightへ突入。成績は以下の通り鉄×2、アルミ×2でなかなかなモノ。セットアーマーはイリルさん用のが出てかぶり無し。おめめ~ヽ(・∀・)ノ。

Interrogator Bruekの鉄箱→ブラッド・クレイズ(上級Ⅰ):Blood Craze(Master I)
Occulator Yxorxの鉄箱→ヴィンディクティヴ・ストライク(上級Ⅰ):Vindictive Strike(Master I)
Gretalik the Bloodbourneのアルミ箱→ダーク・ブライト・アームラップ:Armwraps of Dark and Blight
Axxyk'Tuurのアルミ箱→ダークブライアー・マスカレード・スリッパ:Darkbriar's Masquerade Slippers

22時30分にオベリスク・オブ・ブライト:The Obelisk of Blightから撤収し、22時40分にヴァルドゥーンの地下堂:Crypt of Valdoonへ突入。成績は以下の通りアルミ×1でちょっと残念な結果でした。

Count Valdoon Kel'Novarのアルミ箱→カイル・ベイルのドグマティック・マナクル:Kyle Bayle's Dogmatic Manacles

でもセットアーマーはクルセイダー用でFさんに。『うれし~ やっとでた~、って感じっす^^』ってとても喜んでいたので、うちらも嬉しくなっちゃった。花火バンバン上げて祝福し、お別れを言って各自コネコネ。そんで鞄整理して落ちようと思ったら・・・いくら待ってもゾーン完了しません。はて?と思い某匿名掲示板で確認したら落ちたらしい事が判明(一部OKなエリアもある様子)。念のためうちらのBBSも覗いてみたけど、イリルさんから落ちたみたいって書き込みがあったので、うちも書き込んでそのまま終わる事に。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA56.64 -> 不明です(´・ω・`)
でした。

うむー、頻繁にラグに見舞われていましたから、余程負荷が高くなっていたモノと見えます。まぁ、それでも以前に比べたら全然マシですし、今日は終わった~って処でのダウンだったので痛くもかゆくもありません。ま、何とかメンテナンスしていただいて問題を最小限にしていただきたいと思います。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
I cleared Warg Qwest with Romero-san and Ilil-san.
Then, we made tour to The Obelisk of Blight and Crypt of Valdoon.
I was very glad to have got Black Warg.

2007年4月25日水曜日

うーむ、楽しみ(´∀`*)

21時にEleonoraでログイン。イリルさん、ロメロさんと挨拶。さて、リムポスト巡りでもしますかな。つー事で聖戦はフェイドワーへの続きをする事にし、先日←ここでチェックした場所を思い出しながらリムを回収。因みに12分制限でしたけど余裕で回れました。ただ、どれもこれも縁ギリギリにあるので落ちたらアウトと言うプレッシャーが大きかったかなぁ(´・ω・`)。で、続きはみんなと一緒がよろしいでしょうから、別の事をしようと思い立ったんですけど、イリルさんとロメロさん以外に人が居ません。なので『処で、暇?不死の間へ鉄箱あさりに行かない?』って誘ってみた。二人からOKを貰いLutetiaへキャラチェンジ。

キャラチェンジしてみて気が付いたけど、Lutetiaってば不死の間:Chamber of Immortalityに入る権利を持っていません・・・誘っておいて入れなかったら・・・とドキドキしながら『不死の間・・・入れる?』って聞いたら『大ジョブ』とイリルさん。ホッと胸をなで下ろしながらポゥへコール。今気が付いたけどさ、この前のコモンランド移動もポゥ石使えばもっと早かったんじゃ?;・・・気がつくの激しく遅すぎ('A`) 。分かたれしスプリットポゥ:スプリットポゥの穴ぐら:Sundered Splitpaw: Splitpaw Denで二人と合流し、不死の間:Chamber of Immortalityへ。そして、入ってみてから、はっΣ(゜ロ゜;)、もしやMobが灰色では?と焦ったんですけども、雑魚がLV33、鉄箱出すラミアとボスがLV34とLV35だったので、もう暫くは平気そう(*´д`*)ふぅ、やれやれ。んで、サクッとしばき倒して鉄箱ゲッツ。オールクジでイリルさんに。おめめ~ヽ(・∀・)ノ。

『さてどうしようかねぇ』『このままBBMであそぶかい?』『おっけー』って事で、ロメロさんにブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountainsゲートを開いて貰い移動したは良いけど・・・ここで何するんだろう?って私ってば気がつくの遅すぎ?w。到着してから相談した結果、イリルさんもスチームフォント山脈:Steamfont Mountainsに行くつもりで、何故かブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountainsと言っていた事が判明し、改めてブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountainsへのゲートを開いて貰い移動。最初はイリルさんのクエ報告へ向かい、それからGoz Hepplewhite関連のクエをやるため、クラッカノン近くの大きなギアが落ちている辺りへ移動。近辺のクロックワークをしばき倒してジャーナルヒット。そしてこれをしている最中にリアル緊急事態が生じ22時頃『ちょっとAFK』と言って席を離れたんですが、ちょっとじゃ全然戻れず、結局40分程かかって復帰・・・ごめんなさい(´・ω・`)。

戻ったら小さな黒い箱を集めてくれていて、イリルさんから五つ頂戴しいきなりクエストクリア。防衛本部へ戻りFinbert Lintzigへ報告して、次のクエスト黒い箱のメカニメーションを受領。会話内容はこんな感じ。因みにクエを受けるといきなりクロックワークが襲ってくるのでしばき倒しましたよっと(*´д`*)。

うん、何だい? 私に何かご用かな?
ブラックボックスを持ってきたよ、Finbert。
Finbert Lintzigにリトル・ブラック・ボックス:Little Black Boxを 5渡した。
私が判る範囲では、この3つの黒い箱には、周囲のクロックワークに何らかの妨害信号を送る魔法工芸エネルギーが漲っている。そのエネルギーの残りを回収しにくるようなのだ。
何かに利用できないだろうか?
そうだな。じゃあ、私のほうで仮説を立てたので、あんたにテストをしてほしい。グレイト・ギア:The Great Gearのほうに“大破砕”時代にできた大きなクレーターがあるんだが、その中に巨大なクロックワークがいるんだよ。と言っても今は活動を停止しているんだがね。どうやらクラッカノン:Klak'Anonのクロックワークども、こいつがいることに気がついていないものとみえる。
そこからブラックボックスを回収しろというわけか。それでどうなるか調べるんだな?
いかにも、ビンゴさ! おそらく危険な作業になるだろう。だがここで頑張れば、あんたは科学の台地に新たな境地を開くことになるだ。蒸気テクノロジーの最前線というわけさ! どうだい、その気になったかい?
やらせてもらおう。すべては科学の名の下に!
見上げた心意気だよ、あんた! ではブラックボックスを持っていって、クレーターにいる停止中のクロックワークにインストールしてくるんだ。それが終わったら、何が起きたかひと言も漏らさず教えてくれよ。頑張ってくれ!
よし、早速片付けよう。ブラックボックスを貸してくれ。
よし、それではあんたに預けよう。くれぐれも注意してくれよ。準備が整わない状態で起動させてはダメだからな。じゃないとあまり好ましくない客をお迎えしないといけないハメになるぞ。
お気遣いありがとう。

Haywire Opticron.jpgツー訳でクレーターへ向かってみると、他のグループがまさに今やっている所。倒すとデポップとなるので近辺のMobを狩りながら待っているとクレーターの中にでっかいクロックワークがポップ。Damaged Clockworkリトル・ブラック・ボックス:Little Black Boxを三個セットすると『黒い箱をクロックワークの形骸に挿入して、パネルの蓋を閉じる。箱がランダムに音を立て始め、ビーコンがクロックワークの援助を求める。その不協和音の上に、遠くからプロペラ・ブレードの音が聞こえる……』のメッセージと共に小さなクロックワークが群がって大きなクロックワークを修理。Haywire Opticronとして復活した大きなクロックワークをしばき倒してジャーナルヒット。で、残念ながらロメロさんがヒットしなかったので同様の手続きで完了させてから天文台へ移動。

天文台へ行った後、Shiculiantって蜘蛛のネームドを討滅してから警備本部に戻ってFinbert Lintzigへ報告。

うん、何だい? 私に何かご用かな?
Finbert! ブラックボックスをインストールしたらどうなったと思う? 信じてもらえないかもな!
試してみたか? そしたらどうなった? 起動できたか? あいつはどこに行ったんだ?
他のクロックワークの修理を受け、狂い出して全てを攻撃し始めた。
そ、その後はどうなったんだ? もしかして破壊してしまったのか?
残念ながら、倒すより他に方法がなかった。
それは非常に残念だ、だが君がそうしたことは良かったと言えよう。これほど巨大なクロックワークにスチームフォント:Steamfont周辺を暴れまわられては困る。特にこれほどシャドウ・グローブ:Shadowed Groveに近いところではな。とにかく、君が行っている間に、君に有用であろうものを作成したぞ。試してみるがいい。
ありがとう、Finbert。さようなら。

そしてジャーナルをチェックしてみると、完了しているクエがもう一つある事に気が付きました。で、何処に報告して良いのか分からなかったので、ロメロさんのアドバイスに従いガードに聞いてみたら、遙か南の端に赤丸印がorz。二人に着いてきて貰ってOglethorpe眼中にあらずを報告してクエストクリア。会話内容はこんな感じ↓。

オキュレンザーは集まったかい? ちょうどこちらも最終調整が終わったところだ。いよいよ実用段階にきたぞ。
持ってきた。はい、どうぞ。
しまったな......。なあ、あんた。私がこいつを取りつけてるあいだ、もうひとつお使いをしてくれないか?
今回も力になれると思う。
Emeryと話してくれ。詳しい話はあいつからだ。
わかった。

続いて、隣に立っていたEmeryと会話し口達者を受領。会話内容はこんな感じ↓。

どれどれ、れどれど、どーれどれ。あんたに求めていることは、至ってシンプル極まりない。私はこれから大発明を完成させる。それに必要な最後の部品を手に入れるのだ。だがこれは入手困難な品だぞ。
初対面だけど、まあいいか。具体的に欲しいものは?
クロックワーク・モデュラトロン:Clockwork Modulatatronが必要なんだ。クロックワーク・エクスプローラー:Clockwork Explorerを使えば見つかるはずだ。彼らは、スチームフォント山脈:Steamfont Mountainsを探索しているらしいドローンの一種をスカウトしている。とにかく、その一つを解体して、クロックワーク・モデュラトロン:Clockwork Modulatatronを回収してほしいんだ。
クロックワーク・エクスプローラー:Clockwork Explorerがどこで見つかるか判るか?
クラッカノン:Klak'Anonの入り口付近を試してみたらどうだ。そこに端を発して、スチームフォント:Steamfontをざわざわと通り抜けながら、その辺の物を手当たり次第に分類してはカタログを作っているようだ。
今度は何をしてほしい?
そうそう、もうひとつ欲しいものがある。それは「お喋り骨ボックス」ってシロモノさ。こいつはスモークボーンの族長的なミノタウロスが持ってる卜骨で、何らかの呪術にまつわる品なんだ。ミノタウロスを倒す意外に入手方法はないだろうな。ま、でもあんたなら大丈夫か。そうだろ? な? ね?
お安いご用だ。
ようし、そう来ると、思ったぞ! それじゃ、あんたが戻りそうなタイミングを見計らって私もここに戻るとしよう。さあ、急げ! 「アラクノメカニコン」の調整はほぼ終わってる。だからさっき言ったアイテムは、もう、すぐ、あっと言う間に必要になってしまうんだ。レッツゴー、急げ!
さよなら、さよなら、さよなら!

時間は23時半を過ぎた所。どうするか相談した結果、今日はここまでとしましょうと言う事でおやすみなさいの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
ミスティック LV41.08 -> 41.51
でした。

warg.jpgさーて、明日はGU#34が導入されますね。余り変更内容は多くありませんけど(噂では拡張パックに開発者リソースが振り向けられた事によるとの事ですけど、果たしてどうなんでしょうね?)、新しい騎乗動物のウォーグ:Warg←をローピング・プレーン:Loping PlainsHeinrichから入手できるようになるみたい。10PP以上のお金が必要みたいだけど、是非とも手に入れたいですね。後はセットアーマーのドロップが変更になるのでアンレストの館:Estate of Unrestに頭と胴を取りに行きたいなぁ。うーむ、楽しみ(´∀`*)。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
I advanced Qwest of SoD only a few alone.
Then, I played Steamfont Mountains-related Qwest with Ilil-san and Magadon-san.
Since I had AFKed long time in the real trouble, I thought I am sorry to two persons.

2007年4月23日月曜日

誰一人入場の権利を持ってませんでした(´∀`*)うふふ

21時過ぎにEleonoraでログイン。タジタジさん、ロメロさん、クラさんと挨拶。入って直ぐにAFKして戻ってきたら、ストロイさんとイリルさんがログインしてました。こんばんはー。さて、昨日の続きでリムポスト集めだけでも進めておこうかと始めて見たんですが、どういう訳か採取出来ません。色々相談したところ、採取出来る部分が狭いらしく、根本の方を調べると採取出来ました。んで、イリルさんのアドバイスで何処にあるか事前に知っておかないとクリアは難しいとの事で、あんちょこの座標を頼りにケレティンの街をうろつき、何処にあるか把握しました。一番良さそうな道順も考えたので次の機会にやる時はスムーズに出来ると思います(´∀`*)。

さて、そうこうする内にグレさんもログインしてギルドは活況を呈しております。どっさんの提案でストロイさんにメンターしてレベリングへ行く事になり、ゼックへ行こうと話している所へ割り込みで『フォールンゲートネームドツアーとか興味があるようなら案内できるけど』って提案したら、そっちが良いって事で22時少し前にLutetiaへキャラチェンジ。どっさん、クラさん、ストロイさん、ロメロさん、タジタジさん、私の六人グループ結成デスヽ(・∀・)ノ。

で、あんまり深く考えてなかったけど、Lutetiaってばスチームフォント山脈:Steamfont Mountainsにいるんだった('A`) 。大急ぎで走ってケレティンの街付近に来た時・・・っはΣ(゜ロ゜;)コール使えば良かったと気が付いた(´・ω・`)。結局走り通して二十分近くみんなを待たせちゃった。ごめんなさい。ストロイさんにメンターしてリバフの後、22時10分頃フォールンゲート:Fallen Gateに突入デス。因みにLFGチャンネルでFG探検募集してたのでかなり慌てましたよ。いつもは閑古鳥が鳴いているようなエリアなのにーとか思ったけど、ま、こういう事もあるよね。

ツー訳でネームドツアー開始です。最初はLV21のLord Ak`Tarnisから。残念ながら木箱でがっくり。続いてCommander Dvin L'Crit。これは抽選ポップなので運が良いなぁ・・・サクッとしばき倒して木箱でがっくりorz。その次は小屋の中のOutfitter Thrackを見に行ったんだけどPHでした。PHは放っておいて、もう一方のネームドをチェックしに行ったらSEEに見つかり、あわわわわ。みんなの所に駆け戻ってしばき倒して貰い、小屋は諦めてゴースト蛇のShadowfang。これも木箱でがっくり。うーん、AAゲット出来るとはいえ、折角ネームド狩っているのに木箱ばかりとは残念です。

さて、気を取り直してさらに奥へ行きましょう。ここからは絡まれるレベル帯になってきたのでブレイクで進みます。ガーゴイルのネームドのTektiteに期待したのですがPHで残念。次のポップに期待する為に掃除して貰ってさらに奥へ。次も残念ながらPHで次の為にHungry Feasterを掃除してから、タジタジさんにインビジして貰って奥へ。同じ部屋のもう一匹もPHでしたが、ネームドでも余りよいモノを落とさないので無視して奥へ。次はPriest of Dymetreax・・・こいつも木箱・・・ヽ(`д´)ノむきー。そして、必ずいるネームドの部屋に来たのですが、そのネームドだけ食われててがっくり(´・ω・`)。

そんな訳で、死者の宝物庫:The Vault of the Fallen前の広場にいるネームドに期待を掛けたのですが・・・掃除されたてっぽい感じで超絶がっくりorz。仕方がないので死者の宝物庫:The Vault of the Fallenへ入って鬱憤を晴らそうとゾーンしようとしたら・・・誰一人入場の権利を持ってませんでした(´∀`*)うふふ。んで、ロメロさんがメインを出してくれる事になり、雑魚Mobを食べながら暫く待機した後、23時頃死者の宝物庫:The Vault of the Fallenへ突入。Keeper of the Chamberからクエを受け、ストロイさんのジャーナルをベースにクエストクリア。因みにここについてみんな余り知らないみたいで、ちょっと説明不足だったかなと反省。その為、ボスとの戦闘に関して、ボス部屋への入り方などを説明した上で実施。まぁ、特に問題もなく全員ボス部屋には入れたし、ボスも何ら問題なくしばき倒せたのでOKでしょう。ボスのTseralithをしばき倒して待望の鉄箱ゲッツ。おめめ~ヽ(・∀・)ノ。

Tektite.jpgでは戻りです。時間は23時半位なのでネームドチェックしつつ、いたら狩る位の感じで行きましょうって感じだったんですが、行きに狩れなかったネームドをDrekak the SpinebreakerSteelworker BlarggChieftain Merzogと討滅。鉄>アルミ>鉄となかなかな結果にほくほく。んで、丁度この辺りでFG探検隊とすれ違い、タイミングの良さにホクホク。ちょっと遅れたら今狩ったネームド全部食べられてたと思うとちょっとだけ運が良いなぁと思うダークな私。で、ここからの戻りはネームド期待出来ないなぁと思っていたんだけど、TektiteShadowfangOutfitter ThrackLord Ak`Tarnisと狩り、鉄>鉄>木>アルミって感じで、こちらもなかなかの成績でホクホク。時間は24時ちょっと過ぎ位で、大体二時間位こもった感じですかねぇ。コモンランド:The Commonlandsへ出たところで解散し、私はドルイドリングへ立ち寄って木をゲットしてから、おやすみの挨拶をしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
ミスティック LV40.80 -> 41.08
でした。

うーん、今日は私がアテンドしたんだけど、かなり大急ぎで回ったので慌ただしかったかなぁ。みんな楽しめたら良いんだけどな(´∀`*)。また行きましょ~ヽ(・∀・)ノ。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We went out for Fallen Gate at Named hunting tour.
We hunted many Nameds and we got five iron boxes and two aluminum boxes.
I am glad when everybody is enjoying himself.

2007年4月22日日曜日

今度から気をつけねば(´・ω・`)

20時半頃Eleonoraでログイン。ロメロさん、どっさんに挨拶。昨日、ヘリクエ光の復活High Priest of Val'Marrのフェーズで落ちていたので、ひとまずこれの続きをする事にし塔の上でキャンプを張ります。雑魚の骨三匹をしばいてHigh Priest of Val'Marrがポップするのを待ちます。キャンプしつつ、どっさんとクラウスさん達のフォローについて相談しました。折角再入団してくれたのですから馴染めるようにしたいと思っているんですけど、こちらの思いだけで行動すると、鬱陶しい事になっちゃうかなぁと心配していて、その辺りをどうしたらよいかについて、どっさんに相談した訳です。この時の話では、どっさんから直接クラさん達にどうしたいか確認するという事で話がまとまりました。

んで、かれこれ三十分程雑魚をしばき倒しているのに、いっこうにポップする気配がありません。なので『話は違うけど、光の復活のHigh Priest of Val'marrってなかなかポップしない?』って訊いてみたら『かなりPOPしませんよ~^^』だって、あひー;んで、どっさんも同じところで止まっているそうなので、一緒にする事にしてグループに誘ったら・・・ポップしたw。誰かに取られると嫌かなぁと思ったので、ひとまずロック掛けて殺さないように待っていたら、キャンプ地にログインしてきた人が。話をしてみると同じ目的らしいので誘って一緒にやる事にし、どっさんの到着を待ってしばき倒したんですが・・・メンターするのすっかり忘れてて、その方だけアウト。申し訳ない事しちゃった;今度から気をつけねば(´・ω・`)。

さて、この間にイリルさんとレッツさんもログインして五人になったので、どこかへ行こうかなって思ったんだけど、このままヘリクエを最後までやってしまおうと言う流れで、ヘリクエを継続。まずはCannix Silverflameに報告です。↓こんな感じ。

このライトストーンはまばゆいばかりに輝いている! お前のクエストもまもなく終わりを告げよう。最後の仕事を頼まねばならん。それが終われば、私もこのライトストーンに十分な力を与えることができる。
それはいったい?
ナイツ・オブ・トゥルース:Knights of Truthの精鋭の中に魔力を帯びた真実の剣を振るう者たちがいた。この剣は何十年も前に失われてしまったが、オークが剣のつかと折れた刃を持っているらしい。行ってそれを取り戻してくるのだ。そうすれば、それを用いてグレーター・ライトストーン:Greater Lightstoneを完全なものにできる。
このオークはどこに?
あやつはオークのブラッドスカルの首領だ。ここからほど近い隠れ谷にいるらしい。残念ながら、野営地の場所はわからん。ソードを正当な持ち主の手に戻すため、力を貸してくれ。あのように野蛮なものにあのソードを持たせておくことはできん。
ソードを取り戻してくる。

ツー訳で、ブラッドスカルの谷:モーリックの砦:Bloodskull Valley: Maulic's Strongholdへ突撃しGeneral Drullをしばき倒してジャーナルヒット。因みにLV22位のオークがわんさとやってくるので、適正レベルだと厳しそうだねぇ。もう一度Cannix Silverflameと会話。↓こんな感じ。

終わったか! では、折れた剣とライトストーンをこちらに。今こそ石の力を完全なものにしてみせよう……。
これを。
できた! グレート・ライトストーンは勇気、真実、光の精髄で満たされた! ……お前には心からすまないと思っている。私は、この石がお前のものになると欺いていた。どうかわかってほしい、これは我が騎士団が持つべきものなのだ。彼はまもなく戻る。我らはこのアーティファクトを守り、彼の到着を早めねばならん。お前を偽っていたことは本当に心苦しく思っている。だが、ことの重大さをわかってくれ!
言葉の意味がわからない。そのアイテムを得るために働いた自分が正当な持ち主なのでは?
このクエストでお前はひときわすぐれた勇気を見せた。我が騎士団がこれほどまでの必要にかられておらねば、これは喜んでお前に渡していた。わかってくれ……おや、これはなんだ?
どうしたんです?

因みにロメロさんのALTを出して貰ってメンターし、Cannix Silverflameをしばき倒したLucanic Knight Initiateを討滅してクエスト完了。報酬にグレーター・ライトストーン:Greater Lightstoneを貰ったけど・・・使えないよね(´・ω・`)。

さてと、お待たせしました。ツー事でいよいよ五人でどこかへ行こうかと相談したところ、どっさんが食事の為に落ちるそうで四人グループに。Dさんに一緒に遊べるかテルしてみたけど、弁財天さんとファウムさんの三人グループなので一緒に遊べそうもありません。レッツさんがOoB>CoVツアーに行きたかったみたいだけど、次のGUで参加したクラスのセットアーマーが必ず出るように変わるので、それまでは行く気がしないというイリルさんの意見を訊いて、それじゃ今度にしようって事になり、それじゃどうしよう?って困っちゃいました。結局、SoDでもやるかって事でさっきまでいたコモンランドへ逆戻り(´∀`*)。

クエを/waypoint 312, -46, 240にいるSir GroktogからクエストLiberating the Cavaliers受領します。思いっきり英文ですが、機械翻訳するとこんな感じです↓。

ついに!マーは私に価値のある助手を送りました。あなたの名前は何ですか。また、あなたは、Order of Marr、勇気の擁護者および愛に役立つ準備ができていますか?
私の名前はEleonoraです。また、私は、マーのために役立つ準備ができています。それから、私はあなたの勇気のためにあなたをたたえます。
あなたの撲滅運動はコモンランド中の多くの神聖なCavalierの彫像を解放することです。悪霊はそれらに結び付けられました。マーのためにそれらを破壊しなければなりません。グッドラックEleonora。Marrのご加護がありますように。
私は彫像を解放します。

んで、コモンランドの三カ所を回ってphantasm of Odoxと言うナイトメアのゴーストをしばいてSir Groktogに報告するとクエスト完了です。またしても全部英文ですので機械翻訳をポチっとな↓。

マーのために!私は、あなたが私たちによく仕えたのを見ます。Order of Marrはあなたに感謝します、しかし、得た報酬はこの行為のための従来の形式でできません。しかしあなたに提供するコインを私は持っています。
それから、私はあなたのコインを受理します。私はそれを賢明に費やします。
このコインは単にQeynosの通りの下にDown Belowで費やすことができます。Valorの旅行は別のものの彫像の後ろに始まります。
ありがとう。

さて、次はダウンビロウ:The Down Belowです。つい先日来たばっかりのクロウの墓所:シーフギルドへゾーン。Sir Wolfgang Motteと会話して聖戦はフェイドワーへを受領。因みに会話内容はやっぱり英文(所々日本語)ですので機械翻訳をポチっとな↓。

すみませんが、私は、孤独で食事することを好みます。
私は、そのローブの下の甲冑を見ることができます。騎士が泥棒の巣の中で何をしているのですか?
時々、騎士は暗闇を徹底的に調べなければなりません。機密が隠れるかもしれないのは影の中です。
私は、そのローブの下に着用している同種のもののような甲冑を見ました。
私は、あなたが私の命令に役立ったかどうか疑います、私たちは泥棒と馬の事務に関係している同種のものではありません。マーは富に対するあなたの渇望からあなたにすべてを取っておいてください。
マー!それだけです!あなたはTHE ORDER OF MARRの者です!
それを下げておいてください。マーの名前は、それらの暗闇からのネズミを脅えさせることができます。また、それらのネズミは、私が求める機密をささやきます。
失礼。Marrの聖戦に協力した者だ。Eleonoraという。
Eleonora、オーバーレルム:The Overrealmの聖戦士か。ああ、Lady Erillisがきみの名前を口にされていたよ。高貴な冒険者だそうだね。申し遅れたが、私はSir Wolfgang Motte、オーダー・オブ・マー:Order of Marrの騎士だ。
そうすると、オーダーのメンバーは泥棒ギルド酒場で何を行っていますか?
それは初めは不明瞭でした。私は、なぜLady Erillisが毎晩このがやがやした場所に私を送り込むだろうかに関して当惑しました。しかし、今、それは明らかです。私はあなたに会うためにここに派遣されました。
どうすればオーダー・オブ・マー:Order of Marrの力になれる?
Cavaliersからの弊害を除去するあなたの専念および勇気は、あなたが正しい気質で作られており、マーへの援助が価値を証明することを証明します。私たちは、Faydwerであなたの援助を必要とします。
Faydwerの大陸はオーダーのために何を保持しますか?
どうだかな。私の役目は、聖戦の話をすることじゃない。だが1人いるぞ。お前にすべてを明かしてくれるやつがな。
オーダーへの協力を決める前に、教えられることはひとつもないと?
フェイドワー:Faydwerの聖戦のことは、この私でさえ詳しいことはわからない。だがこれだけは教えてやろう。この聖戦には、我々が“戦禍の時代“から探し続けるアーティファクトが絡んでいる。沈黙が戻る。
いいだろう。コンタクト先の名前と居場所を教えてくれ。
あなたはFaydwerへの輸送を獲得しなければなりません。そこにGreater Faydarkとして知られている森林の威厳を求めます。森林内では、あなたの頭の上に高いKelethinの木都市を見つけるでしょう。
ああ! 昔のウッドエルフ:Wood Elfの故郷か!
いかにも。でもフェア・ダルの生き残りだけじゃなく、今じゃ妖精族であるフェイ:Faeたちの家でもある。あの樹上都市にはLady Aletheaというコーダ・ダルがいる。彼女は君を待っているぞ。
撲滅運動で私を同行していただけませんか?
初めは私も行こうとしてたんだ。だが秘密酒場のささやき声が、私を別の方向へ、新たな聖戦へ行けと命じた。Lady Aletheaがフェイドワー:Faydwerでの冒険の力になってくれるだろう。
その後、私はあなたに成功を祈り、Marrはあなたを見守るだろう。
あんたのこともMarrが見守ってくださいますように。……そうそう、忘れるところだった! ナイツ・オブ・マー:Knights of Marrのふるさとは、勇気と愛の中にある。そのことを忘れないでくれ。さようなら。
さようなら。

ツー訳でケレティンに向かい/waypoint 533, 77, 319にてLady Alethea Jyleelと会話します。会話内容はこんな感じ↓。

ねえ......見て、この樹々を。これは戦の神々をすら拒んだ樹々よ。大振りの枝はさまざまなものに耐えぬいて、光を浴びながら今でも踊る。とてもきれいだわ。
そういうあなたはドルイド:Druidか踊り子?
私の出自はフェルウィズ:FelwitheのJyleel 家。長く続いた踊り子の家系よ。人々の尊敬を一身に受ける我が家の女は、皆Aks'Anarという一座で踊ったものだった。魅惑の踊り子ってわけ。
服装が踊る人には見えないけど。
Aks'Anarはもうなくなってしまったの。フェルウィズ:Felwitheで持ち上がった狂気に呑まれてしまったのね。もうあそこはコーダ・ダルの街じゃない。むしろただの避難所ね。あの街はもう私の故郷じゃなくなったわ。
わかっている。
どうして私の出身がフェルウィズ:Felwitheじゃないってことがわかるの? フェルウィズ:Felwitheのコーダ・ダルじゃなければいったい何? キャッスルビュー:Castleviewのコーダ・ダル?
オーダー・オブ・マー:Order of Marrの騎士ならば、愛と勇気を故郷とすべし。帰るところは街にあらず。
あなた、Sir Wolfgangの使いの人ね。いまのでわかったわ。私たちの聖戦に力を貸してくれるために来たんでしょう。言葉のワルツを踊るためじゃなくてね。
そう、ここに来たのは協力のため。でも目的を説明してもらえないと、手伝おうにも手伝えない。
それはしかるべき時が来ればわかるわ。そしてその時は今じゃない。そうね......今はケレティン:Kelethinのまわりで「ライム」集めでもお手伝いしようかしら。それが終わったら教えてあげるわ。
「ライム」って何?
ライムというのは妖精族の希少種のことよ。その姿は小さく光り輝いていて、自身をとりまく生について歌うヒトたちなの。だからライム......すなわち「歌」と呼ばれているの。彼らは私たちの聖戦に協力してくれることになっている。このビンに飛び込んでくれる手はずになっているから、そのビンを持ち帰ってちょうだい。
いいだろう。ライムを集めてきてあげる。どこにいるの?
ケレティン:Kelethinで信号を探すのよ。順に灯をつけていかなくてはならないの。オーダー・オブ・マー:Order of Marrのために、お願いね。終わったらもう少し詳しいことを教えてあげるわ。
いいだろう。灯火に灯をともしてこよう。行ってきます。

話が終わると12分のタイマーがカウントダウンしはじめます。この時間内にRhympost(なんか、枝?みたいなモノ)を六個集めなきゃいけないみたい。で、やり始めた所で何だか気分が悪くなってきたので、おやすみなさいの挨拶をしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA56.09 -> 56.64
でした。

処で、今日はギルドチャットでイリルさんがエルガイムの歌詞を書いて、ロメロさんがそれの続き書いてみたいな感じになったんですが、私はその歌を知らなくて、それは何の歌?って聞いたらエルガイムのOPだよって教えて貰ったんですが・・・私、エルガイムってLDのセット持ってるデスよ(´・ω・`)。それで何故分からない!って突っ込み入れられたけど・・・むーん;そこから派生してファイブスターストーリーとかの話しになって、私は度々読もうかなぁと思って書店で手にするモノの、全部購入するととんでもない金額になるので購入を躊躇っていたんですが、何となく読みたくなってきたので大人買いしちゃいそうで怖いなぁ(´・ω・`)。
ま、そんな感じ。つー事で、おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We played heritage Qwest "The Return of the Light" and Sord of Destiny Qwest "Liberating the Cavaliers."
Heritage Qwest for low levels "The Return of the Light" was pressing my journal long.
Being able to clear gradually, I felt relieved.

2007年4月21日土曜日

【今週の水槽】コリちゃん可愛いよ(´∀`*)

suisou_2007_04_22.jpg今週は水換えどうしようか悩んだ末に、水質チェックした結果、変化がないので取りやめとしました。これで一ヶ月水換え無しで足し水のみです。ちょっと不安だけど、水質が全く変化していないからなぁ。気になるのは微量元素の類だけども、カリウムは適宜添加しているので、今のところは平気かな(*´д`*)。

さて、先週導入したお魚さん達ですが、とても状態が良いですね。その前に導入したプラティも非常に状態が良くて嬉しい限り。ただ、ペンシルが行方知れずなのでちょっと心配。水草の影にいると良いんだけどなぁ。んで、コリドラスですけど、色々面白い姿を見せて楽しませてくれます。水面に何かあるのか数匹並んでもぐもぐしたり、水面にお腹を見せるように泳ぎながらもぐもぐしたりしてて、めちゃ可愛い(´∀`*)。また熱帯魚屋さんに行って良いのがいたら連れてこようかなヽ(・∀・)ノ。

NO3:10-25
NO2:0
GH:3
KH:0
pH:6.4
PO4:0.1

うひー、今日も人少ないなぁ(´・ω・`)

21時ちょっと過ぎにEleonoraでログイン。イリルさんに挨拶。うひー、今日も人少ないなぁ(´・ω・`)。イリルさんにどうするか確認した所、アルケミ上げるそうなので何か一人で出来そうな事でもやって人が来るのを待つ事に。んで、思案の結果、激しく鬱陶しい灰色ヘリクエを減らす事に決定し、光の復活の為にコモンランド:The Commonlandsへ向かいます。うちのジャーナルはCaptain OgofCaptain Gaerを倒す所になっています。ポップポイントへ向かってみると、PHのSergeant Fogoがポップしてたのでしばき倒してから、Captain Gaerの方へ向かうと、こっちはちゃんとポップしてたのでしばき倒してジャーナルヒットヽ(・∀・)ノおほ。引き返してリポップ待ってたら、またPHのSergeant Fogoだったのでしばき倒して暫く待ってたらCaptain Ogofがポップしたのでしばき倒してジャーナルヒットヽ(・∀・)ノおほほ。

Cannix Silverflameに報告してフェーズを進め、次のフェーズはHigh Priest of Val'Marrを倒すみたい。因みに会話内容はこんな感じ↓。

見事だ。これからは強欲なオークのハゲタカどもが死者の眠りを妨げることもないだろう。勇気ある行為を成し遂げるたびに、その石は輝きを強める。この地に永遠の苦痛に苛まれ、この世に縛りつけられている魂がもう1つある。彼を解放してきてくれるな?
彼とは?
かつて、プリースト・オブ・マー:Priests of Marrナイツ・オブ・トゥルース:Knights of Truthはこの地の民の支えであった。ところがフリーポート:Freeportの現支配者は彼らを忌み嫌い、“大破砕”のずっと前に騎士団の大半を殺してしまった。このとき、当時のハイプリーストは呪いを受けたのちに処刑されたのだ。死体はコモンランド:The Commonlandsに投げ捨てられ、屍肉あさりの獣の餌となった。数百年ものあいだ、彼の魂はしかるべき安らぎを見いだせずにいる。
それをなんとかしろと?
そうだ、お前が持っているものは何百年ぶりかでノーラス:Norrathに現れたグレーター・ライトストーン:Greater Lightstoneの精髄なのだ。ライトストーンを携えて、あの呪われしハイプリーストを打ち負かしてきなさい。石に秘められた勇気と真実の力がかの者を呪いから解き放ってくれるはずだ。
彼を苦痛から解放してくる。

んで、時間は22時頃で21時半頃にグレさんがログインしてから誰もログインして居らず、今日はまったりクエでもやろうかって話しになりました。そんで、どうせならALTでどうかと思い提案してみたらOKとの事で話がまとまりました。ただ、High Priest of Val'Marrの居る場所が近くなのでこれだけチェックしておこうと行ってみたら、ソロで戦っている人が居たので諦めて、塔の外へ出てからLutetiaへキャラチェンジ。

さて、うちはLutetiaへキャラチェンジしたけど、イリルさんとグレさんはそのままメインで参加と相成りました。うちにメンターしてクエをクリアする事でAAをゲットする訳ですね。うちのレベルの適正エリアはスチームフォント山脈:Steamfont Mountainsなので、そこのクエストをやる事に決定。因みに二人はここのクエストを全然やってないのでアテンドしてみました。かなり前にDさんと一緒にやったクエストを思い出しながら案内したんですけど、意外に覚えているモノですね。いくつかのクエストを完了させ、Overlord MarrowthroatNuckletrowと言ったネームドをつまんで楽しみました。グレさんが明日早いという事で24時ちょっと前におやすみの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA56.09 -> 56.09(変わらず)
ミスティック LV40.53 -> 40.80
でした。

たまにこうやってLutetiaで遊べると嬉しいかな。Eleonoraを育てるのはもちろん第一目標ではあるんですけど、折角ここまで育てたのでLutetiaもキャップまで育てたいと思っています。ツー訳でみんな一緒に遊んでくださいねヽ(・∀・)ノうひ。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
A guild member hardly logged in today.
I used Lutetia and enjoyed Qwest of Steamfont Mountains with Ilil-san and Gleeg-san.
Since I think that I want to raise Lutetia, I am glad when Lutetia can be played occasionally.

2007年4月20日金曜日

第十七回合同レイド( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

Aqua Goblin Oracle.jpg20時20分頃Eleonoraでログイン。・・・誰もいないね、ま、そりゃそうだろうなぁ(*´д`*)。さてと、今日はレイドの日なので準備をしておきましょう。ブローカーでザ・ギグルギバー・ジュース!スクリーウォギンのサプライズ:Screewoggin's Surpriseを購入してからボーンマイア:The Bonemireへ移動しキャラチェンジ。LeonoraとChersinaのキャラデザインを少しいじって遊んだ後、LutetiaでログインしてWar and Wardrobeにチャレンジしてみました・・・が、返り討ち( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \。戦ってみて分かった事だけど、Aqua Goblin Oracleってヒーラーだったのね。後もう少しと思ってたら、あれ、何でHP増えてんだろう?って、じーっと観察してたらモリモリヒーリングしてましたよヽ(`д´)ノむきー。結局二回やって勝てそうにないので諦め、先程いじったLeonoraにキャラチェンジして鞄整理をちょろっとやって再びEleonoraにキャラチェンジ。

さて、だんだんとログインしてきましたが、どうにも人数が揃いません。参加表明を見ても人数少ないので、うーん・・・やばいかなぁと思ってたけど、揃った人数見て『うご、ヒーラー1ですか( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \』って笑っちゃった・・・乂゚д゚)ムリ!。流石にヒーラー1でラボは無理でしょって事で探検を兼ねてバーレン・スカイ:The Barren Skyの不和の島にあるAscent of the Awakenedってインスタンスへ行く事にしました。ここ、以前からキントウンに乗った時、入り口見たいのが見えていて気になっていた処でして、帽子クエの報告の時、一人で探検してみたけど入り口までたどり着けなかったんですよね。今日もどうやっていくのかなぁって感じでちょっと迷ってましたが、イリルさんがぐわーっと走っていくのについて行ったら着いちゃったw。キントウン乗り場から反時計回りに外周沿いに走っていくとOKみたい。んで、入り口手前にいたRitnoc Flyfeatherに話しかけると、↓みたいな会話があってガーディアン殿にご対面ってクエストをくれます・・・うーん、何でしょね?

地球人よ、慎重にな。アウェイクン:The Awakenedの飛躍は、決意の欠ける者には相応しくない。
目覚めし者の隆盛って何だ?
アセントは、自らの命を神殿の守護者に授け、アウェイクン:The Awakenedに尽くすことを誓う者たちの訓練所だ。
続きを。
この壁の内側で、献身的な者たちが訓練している。いつか神殿のガーディアンたちに謁見する機会を心待ちにして。
どういうふうにして?
専念する者が試練を全て突破し、神聖な攻撃を全て学んだら、達成の印としてシンボルを渡される。
シンボルについてもっと教えてくれ。
聖なる攻撃を象徴する全てのシンボルを手に入れた者は、ガーディアンの部屋に入ることができる。そこで謁見を要求できるようになる。
ガーディアンたちと会うにはどうしたらいいのですか?
私に4つのシンボルを献上せよ。さすれば謁見室に連れてってやろう。
私が持って来よう。
中で行われている試練は、君が思うほど簡単ではない。この先に潜む試練を制する力を備えていないならば、入らないほうがいい。
どもども。

全員揃った所で22時30分頃Ascent of the Awakenedに突入。おっと、今日の参加者紹介が未だでしたね。まず、フリーランスさんからDさん、ガーラさん、弁財天さん、トラナさん、シカマルさんの五人、ウルティメイトからロメロさん、イリルさん、グレさん、私の四人の合計九人です。内訳はファイター×3、スカウト×2、メイジ×1、プリースト×1デス。さて、どうなる事やら?

入って直ぐはLV65^^^EPIC2が二匹セットで来る感じで、どういう訳か同じEPIC表示なのに一匹は弱くてEPIC不可のスペルが効いたりします。そんな訳でそこそこ行ける感じだったんですけども、やっていくうちにリポップありのエリアであることが分かり、そのリポップが早かったりするので、進むのに手間取っていると挟み撃ちにあって阿鼻叫喚の図になったりと、なかなか楽しませてくれます。で、なかなか進めないなぁって事でDさんの無敵状態を使って強行突破して先に進んだりもしたんですが、三階辺りになると全然歯が立たなかったデス。炎熱系のAEがあるらしく、ヒーラー不足な我々では太刀打ち出来ないって事でそれ以上先に進む事が出来ませんでした。時間も24時位と遅くなってしまったので、歯切れが悪い状態でしたけども各々コールして撤退。おやすみなさいの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA56.08 -> 56.09
でした。

AoAは初めて来ましたが、マップはPoAそのままって感じですよね。イリルさんが途中から色々調べてくれたんですけど、どうもQCで来るべき処らしいです。そう言えばうちらって全然進めてなかったりするので、おぉ、そうなの?って感じで笑えました。放置しているけどそろそろやりたいね。それと、放置で思い出したけどドラコ・モルトュース=ヴォス・リベラチオもそろそろやりたいね。うーん、でもやっぱり、その前にセットアーマーかなぁ・・・色々やりたい事があって悩ましいなぁ(´∀`*)。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We challenged to "Ascent of the Awakened" in the 17th joint RAID.
In fact, although we must have gone to "The Laboratory of Lord Vyemm", Priest was insufficient and we did the change of schedule to it.
I was pleasant to have explored unexpectedly new area.

2007年4月19日木曜日

なかなか素敵でしょ(´∀`*)

21時過ぎにEleonoraでログイン。ロメロさんとイリルさんに挨拶。『昨日の続きでもする?』と誘いケレティンへ。/waypoint 293, 109, 93にてGlavarius Marudと会話します。

ほっといてくれ。あのフェルウィズ:Felwitheのコーダ・ダルども……あのニュー・テュナリアンどもが私を必要としないなら、私はもう王家のオラクルである事を拒否してやるぞ。ふん。
あなたがこのブローチの情報を知っていそうなハイエルフ:High Elfとお見受けする。何かわかりますか?
汚らわしい。そのブローチはK'Arnonの家紋入りだ。彼らの名誉はParathanellisという盗人に汚された。“混乱の時代”の始まりの頃、王家のオラクルとしての地位を失ったときに奴はローブ・オブ・オラクル:Robe of the Oracleを返さずにそれを持って逃亡したのだ。Parathanellis K'Arnonのせいで私の家族が何度泣いた事やら。
それはどういうこと?
ローブ・オブ・オラクル:Robe of the OracleはParathanellisが持っていい物ではない。王家のオラクルが持つべき物なのだ。私の父、Oracle of Marudはローブ・オブ・オラクル:Robe of the Oracleを受け継ぐはずだった。ローブが失われた今、全てが水の泡だ。
Parathanellisの行方は?
私の家族は奴を血眼になって探した。喜ばしい事に、奴は涙の海:Ocean of Tearsでどこかの馬の骨に殺された。私は奴を殺した犯人がサークル・オブ・アンシーンハンド:Circle of the Unseen Handの一員であるVilnius the Smallと言う奴の下で働いている情報を入手した。だが、それ以外はわからなかった。私はとっくにローブ・オブ・オラクル:Robe of the Oracleの回収を諦めているのだよ。
参考になった。どうもありがとう。

ふむふむ、何だかイヤーンな感じの話しっぽいねぇ。続いてケイノス地下のダウン・ビロウです。これあんちょこ見てやってますけど、見ないと無理でしょ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \。/waypoint -144, 0, -74にて手に奇妙なくぼみがある彫像からクロウの墓所:シーフギルドへゾーン。奥の部屋カードで遊んでいるFippy Darkpaw, the 4thって犬と話しをします。

くんくん。オマエ、なんだか臭うんじゃねえ? 腐ったタマゴとびっしょり冒険者の臭いがまざったような臭いがするぜ……と思ったらありゃりゃ! 鼻のところに辛口ソースがついてたぜ。はは、まあ気にすんな。
こらっ! 臭うだなんて失礼だ。
そして息が臭い! うわ! こういうときに限って、優れた臭覚を持っていなければいいのにって思うんだな。ハア!
臭くないもん!
おーい、悪臭くん。鼻が利くのはどっちの方だと思ってるのかナー? てなわけだからあっちに行けよ。カードに集中させてくれ。Lucanがぜんぶ揃ってて、手元にエース5枚あるんだからよ!
I need some information about a Vilnius the Small.
わからないのか、ポーカーの最中だぞ! お前は黙ってろ、このくそったれの手に集中できやしないだろ!
けっこうだ。帰ります。

ぬぬぬ、なんだかとっても失礼なヤツです、ヽ(`д´)ノきー。入って直ぐの部屋に戻り丸テーブルの上に置いてあるカードを拾ってもう一度会話します。

[ Fippyにエースを流す]
いったい……? むむむ……負けたのか、ストーンマン! これ読んで泣けよ、キングズコート、ストレート! それで、情報が何とか言ってたけど、何なんだい?
Vilnius the Smallの身に何があったか知りたい。
Vilnius the Small? Never heard of 'im. You sure ya got the right place here?
今は昔、“混沌の時代“は、彼もあなたの組織の一員だった。
そんな昔か!? なんでい、俺のことを生き字引だとでも思ってんのか?
調べられる記録は残ってないのか?
もちろん。記録はあるが、そんなもの見たくもない。忘れてくれ。
はぁ? 手伝ってあげただろうが!
Hey! Ixnay on the elpinghay! Alright, geez, but we have a look up fee and I notice you didn't leave an offering. Pay me five gold coins and I'll get you your information.
わかった。ほら、金だ。
Fippy Darkpaw, the 4thに5 ゴールドを渡した。
すごいじゃないか! それじゃファイルを調べよう。Vilnius、Vilniusっと……Vilnius the Large、Vilnius the Medium……Vilnius the Small。あったぞ、これだ。なんてこった、このファイルは昔のやつじゃないか。まあいいか、どれ……Vilnius the Smallおよびその恋人 Malka Raleは、およそ500年前のメンバーだ。しかし2人は、内職に励むあまり 善の道を踏み外してしまった。ギルドのもうけを強盗に盗まれたりなど、何度も失敗を繰り返した。毎年行われる舞踏会への出席も、芳しくはなったようだ。
彼の身に、いったい何が?
I'm gettin' to that! Lets see... while being tortured he spilled some information about working on the side for someone named Roykl who wanted a shipment of magic robes sent to his castle in the northern part of Nektulos forest. It looks the shipment was already on its way before our guys caught up with Vilnius. After the torturing was done Vilnius was then... uh... expelled... from the organization. That's it.
わかった。情報をありがとう。
おい、もっと情報がほしいからって、友達を下に送るんじゃないぞ。これは一度きりのものだし、俺はポケットを変えるなきゃならない。わかったか?
わかった。

ちょっと英文入っているけど、何となく分かるよね?んで、次はネクトロポス城:Nektropos Castleです。この間来たばかりだけど、道はさっぱり分かりません。イリルさんにひっついて迷子にならないように必死に行きます。途中イリルさんがBillyを倒したら失われた仮面とやらにヒットしてました・・・これって何じゃろ?;んで、ひとまずそれは置いておいて、地下の/waypoint -43, -13, -57にてEmpty Crate Noteをゲッツ。調べると↓こんな事が書いてあります。

『Royklよ。注文の4着の魔法のローブを同封する。質問には応じない。残り半分の支払いを待っている。私の居場所はわかっているな』
-- Vilnius the Small

『在庫ノート:荷物は無事に届かなかった。ネリアック:Neriakエボン・マスク:Ebon Maskのギルド所属のローグ:Rogueどもが 配達班を襲ったらしい。1人を残して皆殺しにされ、残ったそいつが戻ってきたというわけだ。うちの娘のプレゼントも入っていたのだが、ローグ:Rogueどもはそれを奪って逃げた。残ったのは空っぽの箱だけだ。一応、ネリアック多種族居住区:Neriak Foreign Quarterエボン・マスク:Ebon Maskのアジトがあるのは知っている。だが報復は行わない。それだけの人的資源もないし、そもそもその気にならないのだ。今回は、テイル・ダルという隣人の怒りを買いたくない』
-- Rikantus


ネク城を後にして次はフォールンゲート:Fallen Gateへ向かいます。座標を取り忘れたけど建物の中にあるチェストを調べTessa's Appreciation NoteTessa's Note on the WarTessa's Contingency Planを貰います。それぞれ開いて読んでみると↓こんな事が書かれていました。

「Zunnasよ。ローブが届いた、感謝するぞ。なんとも見事なものではないか。ハウス・ンメアやハウス・ジュナルスのメイジ:Mageたちも いたく感激しているぞ。昔ハイエルフ:High Elfが身につけていた点には虫酸の走るものがあるが、仕立ての素晴らしさに変わりはない。ローブから力がほとばしっているのが感じられる。そなたには明日の夜あらためて礼をさせてもらう。待ちかねるかもしれないが、我慢していてくれ。私も矢も盾もたまらない」
- Tessa N'Mare

「Zannasよ。我が舎のメイジ:Mageに 間もなく来たるフェイドワー:Faydwer侵攻の任務が届いたが……我々は憤懣やるかたない! 殆どのウィザード:Wizard(私を含めてだ)は 下劣なオーガ:Ogreトロル:Trollの徴集兵団の支援に回れというではないか! 文言によれば、戦闘部隊に回されたのは、ハウス・ジュナルスのごくひと握りのネクロマンサー:Necromancer、しかも安全な位置での活動班だという。言語道断な話じゃあないか! ウスノロや沼地生まれの連中に 我が身の安全を頼りたいとは思わぬぞ……。そなたのところはどうなのだ? もう任務は届いたのか? エボン・マスク:Ebon Maskは侵攻にあたってどのような役に回るのだ……まったく情報が届かない」
- Tessa

「そなたはネリアック:Neriak待機にまわされたのか? 面妖なことだ。上官たちは そなたの班にエボン・マスク:Ebon Maskの重要任務を検討しているはずなのだが。我が隊は、カラディム:Kaladimと戦う西部戦線の支援に回された! 土いじり好きのドワーフ:Dwarfどもが相手なら、ウスノロや沼地生まれどもの方が戦線の維持をはかれるだろうに……。予期せぬ事態が起きた場合、私は女王の居に向かう。そなたもフェイドワー:Faydwerに来たあかつきには 定期的に私の退却地点をのぞいてくれ。形勢が悪化すれば、私はそこにいるだろう。先だって魔法の鍵を送ったが、そなたは受け取ってくれただろうか……。当面のところ、これが最後の手紙となるだろう。我々は明朝 船出する。Innoruukの導きがあらんことを!」
- Tessa


んで、次はブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountainsのチェスボードです。/waypoint -786, 101, -13にてチェスボードの白い部分を調べたらテサが密かにザナスに宛てたメモ:Tessa's Hidden Notes for Zannasをゲッツ。調べると↓こんな事が書かれていました。

「Zannasよ、私の予想通り、西部戦線の状況は悪化した。約束されたOgre Conscriptの半数しかここに到着していない。将軍たちはケレティン:Kelethin侵入軍から1つの兵隊を外すはめになった。兵士の数が少なくなったが、我々はレッサー・フェイダーク:Lesser Faydarkの北に無事到着し、西から来るカラディム:Kaladimの応戦に備えて準備を整えている。「私たちはドワーフ:Dwarfの戦士たちのレッサー・フェイダーク:Lesser Faydarkへの侵入を防いだが、その勝利は長く続かなかったわ。普段はおとなしいフェイたちが、なぜか戦いに参入したの! 私たちは背後からサティア、ユニコーン、ブラウニー、等の獣たちに襲われたわ! 同時にKing Stormhammerはドワーフ:Dwarfたちを連れて総攻撃を仕掛けてきたわ。私たちには逃げるしか道はなかった! 私はとりあえず隠れ家を探すわ。ちゃんと私を探しなさいよ!」 ― Tessa

続いてエバックでブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountains港へ移動し、aqua goblinをビシバシしばき倒します。レアヒットでテイル・ダルの古いジェムクロン:an old Teir'Dal gemcronをゲットします。調べると↓こんな事が分かります。

「Ambassador D'Vinn、私が送り込んだゴブリンの使者の無礼な態度をお許しください。あなたは私を知りませんが、私はあなたの砦に避難したいのです。私の名はTessa N'Mare、King Naythox Thexに従うウィザード:Wizardにして彼のフェイドワー:Faydwer侵入軍の一員です。知ってのとおり、西の戦いはうまく進まず、私の部隊に多くの犠牲者が出ました。私たちは敗北したのです。今も私はAquagoblinの中にまぎれてドワーフ:Dwarfのパトロールから隠れています」「テイル・ダルの同胞として、あなたが私の要望に答えてくれる事を願います。もちろん、あなたの部下に魔法の指導などを喜んでさせていただきます。どうか、この慎ましい要請を聞き入れてください。お願いします」 ― N'Mare家のTessa N'Mare

そして、ゲートでグレーター・フェイダーク:Greater Faydarkへゾーンしクラッシュボーン砦:Crushbone Keep近くの洞窟奥(/waypoint -1621, 48, -30)にいるpunished magi apprenticeと会話します。

なぜ奴隷たちと働いている?
あのババアからの罰さ。彼女のローブを燃やしたぐらいでさ! あいつが駄目な先生なんだろ!?
この“ババア”はもしかしてTessaと言う名のダークエルフ:Dark Elfかな? 彼女はどこに?
Tessa? 彼女がそう呼ばれるのは聞いた事ないな。彼女の名前は……おい! てめえ、スパイじゃないだろうな! 俺の様子を伺いにきたのか? 働いてるだろうが!
スパイじゃねぇよ。
証明しな。スパイがやらない様な事をやれ。えーと……そうだ、砦内で神父が被ってるクレリック:Clericの帽子を盗んできな。簡単に渡してくれない様なやつを盗れよ……
わかった。帽子を持ってこよう。

ツー訳で、クラッシュボーン砦:Crushbone Keepに入り帽子をゲットしてこなければなりません。二階のHole of the Magiと言った部屋にいるクレリック・オブ・ヘイト:Cleric of Hateを四匹しばき倒して帽子をゲッツ。これは少し大変でした。いれば全く問題ないんですけど、ポップしてなかったのでね。んで、再びpunished magi apprenticeと会話します。

おお、スパイ君。ほら、働いてるべ?
これがクレリック:Clericの帽子だ。ほら、スパイじゃなかったろう?
へえええ、本当にスパイじゃないんだ。まあ、ささやかな反抗の手助け、ありがとうよ。何が知りたいんだ?
君に罰を与えた女性の名前が知りたいんだ。
あのババアの名前なんか何で知りたいんだ? わかったよ、わかった。彼女は自分の事をOracle N'Mareと呼ばせるんだ。彼女は魔法使いの育成の指導をしている。Emperor D'Vinnとも仲良しさ。
彼女はどこに?
なぜ? 彼女をぶっ殺す気か? 大歓迎だぜ? あんな奴は嫌いだ。本当に奴を殺す気だろう? へっへっへ、俺には王座の間の近くにいるはずだ。
なるほど。どうもありがとう。
おい、俺の分も一発殴っといてくれないか? 頑張れよ!
ああ、わかった。

Robe of the Oracle.jpgもう一度クラッシュボーン砦:Crushbone Keepに入り、奥にあるドヴィニアンの玉座ってインスタンスへゾーンします。ここにいるOracle N'Mareがターゲットです。なんか『お前が来ることは予見していた。調査はここでおしまいだ。さあ、死ぬがよい!』とか言ってますがサックリしばき倒してジャーナルヒット。ラッパと共にヘリクエ完了のお知らせアップ。Oracle N'Mareが今まで着ていたローブ・オブ・オラクル:Robe of the Oracleをゲッツ・・・ぬーん、引っぺがしたのかな?;←こんな感じでなかなか素敵でしょ(´∀`*)。街に帰ってどっさんに自慢した後、おやすみの挨拶をしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA55.87 -> 56.08
でした。

ちょっと面白い顔.jpg←おまけ。ローブのSS撮ろうとしたら、何か面白い顔が撮れたのでw。ぁ、そう言えば、クエスト名戦争と平和……なときの服だけど、これおかしいんじゃない?ってギルドチャットで指摘がありました。確かに言われてみると変な感じだね。ま、その内直るかな・・・(´∀`*)。
ではこの辺で。おやすみなさい。




��今日の3行ブログ>
---
We played heritage Qwest "War and Wardrobe" which received yesterday.
Although we took pains over the hat collection of Cleric, we were able to make it complete Qwest.
I was very glad to have got target Robe of the Oracle.

2007年4月18日水曜日

次は誰かの装備が強化できたらいいね(´∀`*)

20時50分頃Eleonoraでログイン。イリルさん、ロメロさんと挨拶。最初は・・・ローブでも買いますかな。ブローカーで完璧な魔力が込められた貿易商のベスト:Pristine Imbued Tradesman's Vestローブ・オブ・ワイルド:Robe of The Storm Lordsを購入。ドキドキしながら試着してみたら・・・既に持っているローブと同じグラでガックリ(´・ω・`)。さて、みんなが来るまでブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountainsで受けられるというWar and Wardrobeでもやってみようかな。これ、報酬がなかなか素敵なローブなので興味持ったんだよね。んで、イリルさん、ロメロさん、グレさんも誘ってキャンプ開始。えっと、クエストスターターはAqua Goblin Oracleってゴブをしばいて古代のコーダ・ダルのブローチ:Ancient Koada'Dal Broochをゲットし調べると受けられるみたい。雑魚ゴブをしばきながら待つと程なくポップし人数分やって完了。因みにクエスト名は戦争と平和……なときの服でした。

最後のイリルさん分のAqua Goblin Oracleを待つ間にDさんがログインしたので、Dさんとシカさんを誘いアンレストへ遊びに行く事に。話がまとまった頃に丁度Aqua Goblin Oracleがポップしたのでサクッとしばき倒してからアンレスト前へ移動。で、揃った所で22時10分頃アンレストの館:Estate of Unrestへ突入。今日はグレさんがダージで参加なので、迷路は普通にしばいて鍵ゲット。尚、グレさんがまたあれになって画面のこちら側で吹き出してましたw。そして今日は非常にスムーズに進み23時にはThe Sadistic Bartenderをしばき倒しちゃった。おまけにこいつが鉄箱ドロップしカウアイング・バインド(上級I):Cowering Bind(Master I)が入ってました。オールクジでイリルさんの鞄にヽ(・∀・)ノおめでと~。

それと何時も木箱なTorklar Battlemasterがレジェ箱ドロップしBattleworn CanteenってSTR+18なチャームが入ってました。アイコンは・・・ただの水と一緒w。それと最後のThe Priest of Fearはレジェ箱だったんだけどシャーマン用セットアーマー頭のイキーシャのスピリットウォーカー・ヴェイル:Ykesha's Spiritwalker Veilでガックリorz。そう言えばGU#34では参加しているクラス用のセットアーマーがドロップするように仕様変更されるそうなのでとても歓迎。早く導入されると良いなぁヽ(・∀・)ノ。さて、時間は24時20分とちょっと遅くなっちゃいましたね。その場でおやすみの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA55.70 -> 55.87
でした。

うーん、今日はとてもスムーズに進んだし鉄箱もドロップしたんだけど、装備が出なかったので残念でした。次は誰かの装備が強化できたらいいね(´∀`*)。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We hunted Aqua Goblin Oracle and we received heritage Qwest "War and Wardrobe."
Then, we went hunting to Estate of Unrest.
Although we got the iron box and the aluminum box, since the armor of the applicable class was not contained, I was regretful.

2007年4月17日火曜日

『どっくん・・・どっくん・・・どっくん』・・・ヽ(`д´)ノむきー

21時20分頃Eleonoraでログイン。ロメロさん、イリルさん、Dさんに挨拶。みんな予定無いそうなので、ひとまずインバイトして四人グループに。さて、何処へ行こうかと相談してたらグレさんログイン&インバイト。これで五人だね。多分EoFだろうなぁと船でブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountainsに移動しOoB>CoVツアーでもしようかって事で話がまとまって丁度良かったなぁと思ってたら、グレさんからNEK3行った事ある?って話しが振られて、何とはなしに、じゃ、行ってみる?って事で急遽行き先変更。到着したばかりの桟橋から慌てて船に飛び乗りサンダリングステップ:The Thundering Steppesネクチュロス・フォレスト:Nektulos Forestへ移動。グリに乗ってネク城前へ。一番に到着したので紅茶でも入れようと思いAFKして帰ってきたら、集まっている所違うし(´・ω・`)。どうやら入り口が違うみたいね。慌ててみんながいる所へ移動し22時頃ネクトロポス城:苦難へ突入。

さて、初めて入ったNEK3ですけども・・・相変わらず、あの嫌な音が・・・『どっくん・・・どっくん・・・どっくん』・・・ヽ(`д´)ノむきー。あの音聞いていると気持ち悪くなるんだよねぇ。どうにか出来ないかなぁとジタバタしたけど、どうにもならず。仕方ないのでボリュームを絞ったけど、そうすると音が聞こえなくなって注意力が下がる感じ。結局、我慢する羽目に(´・ω・`)。あれ、どうにかならないですかねぇ;

んで、肝心の狩りの様子ですが、敵のレベル高いんですね。LV69~って感じですし、集団で襲ってくるのでかなり厳しいです。イリルさんがMEZしてくれてどうにかこうにかって感じ。因みに梱包箱に化けたスライムが強烈でDさんでも5000ダメージ食らっていきなり橙とか普通にあって大変でした。後、本部屋の本Mobも大変。もの凄い数で襲ってくるのでとてもじゃないけど無理。ここは半壊してエバックしたりと苦労して、結局諦めて他へ行く事になっちゃった。それと、少し場所が戻るけどビリー人形が沢山いる部屋があってビリーを箱にしまうとOKらしいんだけど、時間切れでアウトだったっけ。当たりだとビリー人形が貰えたりするらしいんで、今度行く機会があったら成功させたいね。

trap.jpgそれから、忘れてはならないのは、各所に罠が仕掛けてある事。例えば←こんな感じでトラップに引っかかるとダメージ食らってちっちゃくなっちゃったりします。後嫌な罠と言えば・・・罠なのかな?・・・いくつかのスペルが詠唱不可になっちゃうのが嫌でしたねぇ。49日間詠唱不可って・・・どうすんのよぉヽ(`д´)ノむきーって感じでございました。これはラスボス前の敵に受けたデバフなんでしょうかねぇ。



Grogsnot the Mellow.jpgこれでラスボスと戦えるのかと心配になりましたけど、何だか弱い奴らで楽勝でした(´∀`*)うひ。ドロップは本日唯一のレジェ箱でプレート腕スザッチのヴァンブレス:Szatch's Vambracesが入ってました。うちには無用なモノだったのでパス。みんなパスしたみたいでDさんの鞄にヽ(・∀・)ノおめめ~。最後にのそのそと現れたゴーストのRikantus Everlingと会話し報酬にエバーリングの像Beyond the Runeを受領。因みに会話内容は英語でして機会翻訳をかけてみたんですが、どうも本を読んで学べといっている様子・・・そして、その本の内容もこれまた英文と・・・どうしろと?;二ページほど訳されている箇所があり、読んだ感じだと非常に興味をそそる内容なんですが・・・ま、その内訳して読んでみるかな(´・ω・`)。そんなこんなで、ダンジョン自体も良く分からないし何がどうなのかさっぱり分かってないけど(ここに限った事じゃないから今更だけどねw)、24時ちょっと前って時間でしたので、その場でおやすみの挨拶を交わし街へ帰って装備を修理してからログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA55.58 -> 55.70
でした。

今回も強く思いましたが・・・バックグラウンドが大きく深いですね。私なんぞは表層をちょろりと舐めている位の知識しかないのだと痛感します。本やクエストってこの世界の謎に迫るための重要なアイテムなんだと思うのだけど、きちんとやってないからさっぱり分かってないみたい。ま、流石に全部は無理だと思うけど少しずつ知るようにしたいねぇ。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We went to NEK3 to play.
Since Mob was very strong, I was surprised.
A mystery was not found as usual and I was nonsense.

2007年4月16日月曜日

何度も絡まれて三回程死んじゃった(´・ω・`)

21時ちょっと過ぎにEleonoraでログイン。どっさん、イリルさん、グレさんと挨拶。何処行くか相談の結果、アンレストでもと言ってたらタジタジさんログイン。問答無用でインバイトして五人グループに。後一人は誰かログインしたら入れる事にして21時40分にアンレストの館:Estate of Unrestへ突入。んで、始めて直ぐのcucuyって雑魚を倒すのに2分弱かかって火力不足かなぁと思い、後一人DPSの高い人が入ったら良いなぁと思って『DPS不足かな』って発言したら、グレさんが『うむ・・・やはりMNKでくるか・・・』って・・・あぅあぅ、そんなつもりで言ったんじゃなかったんだけど、どうやらレベル差が大きくて攻撃が当たらなかったみたい。ダージからモンクキャラに変更して22時頃改めて戦闘開始。

端折ります(´∀`*)。最初の迷路でグレさんに鍵取りをお願いしたんですが、どうもFDを見破られる率が高くかなり苦戦してました。十分ほどかかって鍵取り成功。グレさん、お疲れ様~ヽ(・∀・)ノ。んで、22時すぎても誰もログインしないので、ガーラさんを誘って六人グループになり、時計回りでゴーストのおっちゃん、レシピ、豚肉、チェスの駒、東屋と回り23時頃漸く館には入れる状況になったんですが、館前のMobの処で犬に何度も絡まれて三回程死んじゃった(´・ω・`)。その後は概ね平気だったけどネームドはどれもこれも全部木箱でガックリorz。そして、時間切れでTorklar Battlemaster迄やって終了。お休みなさいの挨拶を交わして24時ちょっと過ぎにログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA55.44 -> 55.58
でした。

うぬー、今日は最初どっさんがMTだったんですが、PCの調子が絶不調で一人ラグ状態(´・ω・`)。すると、ガタガタっと崩れて死んじゃうってパターンでした。なので、途中からグレさんMTでやる事になりました。早く調子が良くなると良いねヽ(・∀・)ノ。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We went to "Estate of Unrest" to play.
We died repeatedly and drops were still worse.
It was very regrettable hunting.

2007年4月15日日曜日

・・・残念な事になってしまいました(´・ω・`)

21時にEleonoraでログイン。レッツさん、タジタジさん、グレさん、Dさんと挨拶。イリルさんはAFKしているみたい。ひとまず、どこか遊びに行こうと誘って三人の合意を貰い、Dさんと一緒に遊べるかチャットしてみたんですが、四人グループでこちらも四人・・・ぬーん(´・ω・`)。ロード・ヴァイムの研究所:The Laboratory of Lord Vyemmへ雑魚EPICでも狩りに行く?って訊いてみたんだけど、前回ネームドを狩ったので約六日間(正確には五日と二十時間)ロックがかかって入れないのだそうな・・・知らなかった;。結局少人数でやれそうなインスタンスが他にないので今日は残念ながら諦めて別行動となりました。

丁度このくらいにイリルさんが復帰したのでインバイトして五人グループに。イリルさんから『このくらいならアンレスト前半戦とか?』との提案があったけど、グレさんが『長時間はしんどいな~』って事で『CoV>OoBツアーでもする?』って提案したらOKって事で移動開始。ケイノス港からサンダリングステップ:The Thundering Steppesへ向かったら、タジタジさんが『 迎えにいきましょうか』って言ってくれて、グレさんが『港いいでしょうか?』・・・ガビーン、戻らなきゃ(´・ω・`)。ケイノス港へ戻ってブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountainsゲートを出して貰いゾーン。んで、レッサー・フェイダーク:Lesser Faydarkに来てみて、CoV先じゃなくOoBかなと思ったので『あ、OoB先の方が良かったかな』って訊いてみたら『え、違うの』ってイリルさん(´∀`*)うひ。ほぼ全員レッサー・フェイダーク:Lesser Faydarkにいたので目的地変更・・・ごめんね、グレさん、レッツさん(´・ω・`)。

Cloak of Zet.jpgんで、21時30分頃オベリスク・オブ・ブライト:The Obelisk of Blightに突入。ここも随分通ったお陰で慣れてしまった感がありますけども、ボス部屋中央にいる宇宙人みたいなアドバンス・アートメイションを倒さずZzorzzazxxを釣ろうとしたんですけど、レッツさんが何故か突撃してしまって即死(´・ω・`)。リバイブできない位置なのでアドバンス・アートメイションを掃除してからZzorzzazxxを討滅。ドロップはレジェ箱でメイジ専用マントのCloak of Zetが入ってました。で、イリルさんがいるのに何故か私は『れっつさんおめめ』って言っちゃって、イリルさんから『一応ルートしたんだがw』って・・・ごめんなさいー;結果、マントはイリルさんの鞄にヽ(・∀・)ノおめめ~。レッツさんぬか喜びさせてごめんね(´・ω・`)。さて、肝心のボスAxxyk'Tuurですけど、結果は・・・サモナー用セットアーマー足のナジェナのヴォイドコーラー・ブーツ:Najena's Voidcaller Bootsが入ってました。レッツさん、おめでと~ヽ(・∀・)ノ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA55.38 -> 55.44
でした。

で、この後、このところギルドでもめていた件に関して、24時半頃まで2時間に渡り話し合いの場がありました。結果は・・・残念な事になってしまいました(´・ω・`)。小さなズレが重なっていって修復できなくなったと言う印象でしょうか。ただ、私自身がその立場にあったらどう思うかを考えると、やはりこの印象はあくまで私にのみ言える事でしか無いのかなと思います。そして、改めて思いましたけど、言葉だけのコミュニケーションですから、きちんと伝える努力をしないといけないなと感じました。一つの言葉でも、受け取る側の状況や考え方によって、発した側の意図したとおりに伝わらないと言う事が分かりました。これからうちらのギルドがどのように育っていくのか分かりませんけど、こういう基本の部分を大切にしていきたいなと思います。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We went hunting to The Obelisk of Blight.
Then, the guild meeting was held.
Finishing the meeting with the regrettable result, I became a sad feeling.

2007年4月14日土曜日

【今週の水槽】新しい仲間達ヽ(・∀・)ノ

suisou_2007_04_15.jpgタイニムファがいよいよ鬱陶しくなってきましたが水質は安定していて苔も出ていないので放ってあります。ま、でも次は剪定しましょう(´∀`*)。んで、水質に変化がないので今週も足し水三リットルのみデス。ま、サボりたかった訳ではなく、今週は何匹か新しいお魚を導入したので、変にいじりたくなかったと言う事にしておいてくださいw。

んで、連れてきたお魚さんですが、グッピー1ペア、コリドラスパンダ五匹、並ペンシル一匹です。グッピーはなかなかグレードの良いモノらしく、子供が出来ても交ざりモノじゃないのが採れるらしいんですが、ま、素人なので分かりません(´∀`*)。

コリドラスはステルバイとエクエスオレンジに続く三種類目で小型タイプのコリドラスです。これまでコリドラスは幾度か飼育してきたんですが上手く飼育できていなくて敬遠してました。で、現在飼育しているモノは非常に元気が良く、動きも活発で降るまいが面白いので追加に踏み切りました。ショップマスターにお話を伺った所、コリちゃんは毒を出すらしく、輸入時に自ら出した毒に当たってしまい、それが回復しないので飼育して直ぐに死なせてしまうのだそうです・・・知らなかったなぁ(´・ω・`)。

後、並ペンシルですけど、斜めに泳ぐ姿が面白くて一匹だけ連れてきました。普通のペンシルだからと言えない位綺麗でちょっと得した感じヽ(・∀・)ノ。

NO3:10-25
NO2:0
GH:3
KH:0
pH:6.4
PO4:0.1

・・・またうちがいるし(´・ω・`)

Pristine Imbued Sandcloth Blouse.jpg21時30分前にEleonoraでログイン。ロメロさん、レッツさん、グレさん、イリルさんと挨拶。さて、最初は・・・ローブでも買うかなっつー事でブローカーへ。適当にローブ・オブ・ライフアンドデス:Robe of Life and Death完璧な魔力が込められたサンドクロスのブラウス:Pristine Imbued Sandcloth Blouseを購入したんですが、前者はただの灰色のローブで面白味に欠けたので試着して直ぐにブローカーへ戻し、後者は←こんな感じでなかなか素敵なデザインだったのでそのまま着る事にしました。んで、今日はもう一人誰か来たらアンレストでも提案しようと思ってたんですけど『イルさんさ、フェイスレスの磨かれたシンボル:Polished Symbol of the Faceless これって使ってみたい・・・とふってみたりして・・・』とグレさんからアンレスト提案がありまして、ひとまず五人で22時頃アンレストの館:Estate of Unrestに突入。

Eleonora.jpgで、今日は上層ではなく地下へ行ってみようって事で、まずは迷路の鍵をグレさんに取ってきて貰い(早速前回の応用デスw)館の中へ。時計回りで本部屋に入り、多分フェイスレスの磨かれたシンボルを使って本棚をぱかっと動かして隠し部屋に。地下へ延びる階段が((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。地下の最初の部屋はCoVと同じように転がっているドクロに近づくとスケルトンがポップします。これを掃除しながら先に進むと、霧だか靄だか分からないけど煙った通路へ入っていくと・・・↓みたいな発言をしながら何故か私が向こうからやってきます。んで、問答無用で攻撃してきます。

(通常発言): 道に迷った。
(通常発言): LFG招待して下さい!
Eleonoraの クイック・ストライク:Quick Strike、あなたに479 打撃:Crushingダメージ。
Eleonora 、あなたに 1562 打撃:Crushing ダメージ。
Eleonoraの 毒:Poison、あなたに36 毒:Poisonダメージ。


ぬーん、滅茶苦茶強いし・・・毒攻撃なんて、うち出来ないよ(´・ω・`)。おまけにみんなも・・・『正気か?』『だめだケルさんをなぐれない・・・』『大変だ』『(´・ω・`)』『じゃ、蹴りだけで』・・・こんな事言ってるし。どうにか倒してちょっと進んだら・・・またうちがいるし(´・ω・`)。『また、ケルさんがいる・・・』『不満度がすごいわけだな』『ソロでやってみる?』『死ねる;』『れっつさんの偽者ならこころおきなくできるのに』『まじかよw』なーんて言いながら私をしばき倒して、その後も私が来たらどうしようかと思ってたら・・・「Why did you leave me behind?」と言いつつレッツさんが登場。『っっっっっw』『きたーw』『やぁ、Letsx』『おらおらおらおらーーーー』『なんか、力入ってるね>グレ』ツー感じでレッツさんをしばき倒して通路終了。

続いてはThe Torture Chamber of the Damnedと言うエリアを新発見。ここはどうも地下牢獄みたいですね。掃除してからThe Festering Hagに挑戦です。こいつはどういう技か分かりませんが、ランダムにうちらの誰かを牢屋に閉じこめちゃいまして、閉じこめられると誰かに開けて貰わないと脱出できないし、おまけに牢屋の中にはうちらの贋物が入っているという念の入れよう。全滅して駄目かなぁと思ったけど何とかなるもんで討滅成功。ドロップしたレジェ箱にFestering Flesh Bucklerは私が頂戴しましたヽ(・∀・)ノありがと~。

さて、ここ迄で漸く半分・・・時間は23時半とそこそこ押しています。レッツさんに確認したらもう少しでリミットと言う事でどうしようかと思ってたらDさんがログインしたので誘ってみたらOKってことで即勧誘。六人になった所で血の池に仁王立ちのThe Hemogoblinをしばき倒してレジェ箱ゲッツ。中味はヘイトを下げる弓のTorn Ligament Longbowが入ってました。使えるのがDさんだけだったのでみんなパスしたんだけど、ヘイト下げる弓じゃ使えないからオールで良いのにだって。確かにそうだよねw。

レッツさんと別れてさらに先へ進みます。The Heart of Unrestを新発見・・・ここはもう屋敷がどうこうって感じじゃないですね。切り立った崖とそれを結ぶ吊り橋みたいな感じです。ここではガラネルのかけら:a fragment of Garanelを何匹か倒して骨を集めるんですけど、対象となるMobは他のMobと鎌の形が違っています。それをロメロさんのチャームでキャンプに引っ張って掃除する感じなんですけど、霧が濃くなるとGaranel's Shadeって死に神の様なゴーストが襲ってくるので厄介です。どうにか
頑張って↓の骨を集めました。

Garanel's Left Hand Bones
Garanel's Right Hand Bones
Garanel's Leg Bones
Garanel's Right Foot Bones
Garanel's Left Foot Bones
Garanel's Ribcage
Garanel's Skull

さて、これらの骨を倒れているドワーフにセットするとGaranel Rucksif, the Cursedってネームドがポップします。これがセットアーマー胴をドロップするらしいです。じゃ、頑張りましょうと挑戦したんですが・・・ヘイトリセットが激しく、リセット>跳ね>即死>総崩れみたいな感じ。これで何度か全滅を繰り返し、結局時間切れで討伐を断念。かなり良い所まで行けたのでとても残念でしたが、やはり五人では厳しいですね。次はフルグループで絶対リベンジしてやると誓い、25時50分頃おやすみの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA54.75 -> 55.38
でした。

うーん、アンレストの館:Estate of Unrestも慣れてきて今日も楽勝とか思ってたんですが、流石に初めての処は厳しいですね。次はもう少し準備をしっかりと整えて必ずやっつけてやりましょう(`・ω・´)。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We challenged to the underground of "Estate of Unrest."
Although Garanel Rucksif, the Cursed, and we played a match, we have lost.
I am very mortifying.

2007年4月13日金曜日

第十六回合同レイド(`・ω・´)

Pristine Imbued Burlap Blouse.jpgPristine Imbued Canvas Blouse.jpg21時20分頃Eleonoraでログイン。ロメロさん、イリルさん、レッツさん、グレさん、Dさんに挨拶。さてさて、今日はレイドの日ですね。グレーター・フェイダーク:Greater Faydarkで落ちてたので街へ戻って装備を修理し、少し時間に余裕があるのでブローカーでショッピング。完璧な魔力が込められた黄麻布製の胴衣:Pristine Imbued Burlap Blouse完璧な魔力が込められたキャンバス布製の胴衣:Pristine Imbued Canvas Blouse完璧な匠の静かなる広幅織り布製の胴衣:Pristine tailored Tranquil Broadcloth Blouse完璧な魔力が込められた綿密に織られた布製の胴衣:Pristine Imbued Cloth Blouseを購入。どんなグラかウキウキしながら試着してみたんだけど三番目と四番目が同じグラでガックリ・・・高かったのになぁ(´・ω・`)。ま、後でブローカーに戻しておきましょう。

さて、今日の目的地はロード・ヴァイムの研究所:The Laboratory of Lord Vyemmですね。ボーンマイア:The Bonemireのクラッシュサイト前に21時40分に到着。んで、今日はみんなが集まるのが早かったので22時丁度にロード・ヴァイムの研究所:The Laboratory of Lord Vyemmに突入・・・でも、うち洗濯機が止まってしまい謝りながら洗濯物干しAFK。その間皆は雑魚EPICと戦ってたんですがちょっと大変だったみたい・・・ご迷惑をおかけしました(´・ω・`)。

さて、復帰して暫く雑魚EPICを狩っていたんですが、ドロップはイマイチ良くありません。そんな中『・・・すごいメッセージだな、おい』『もってけw』『ぶ』『w』『ですね なんだろw』『ww』って盛り上がってるから何だろうとチャットウィンドウを切り替えたらFaumがクジを当てた。今晩でなくなってしまいそうだが、とりあえず手伝ってくれてありがとう。1個持ってけ。 から ムーンストーンの水晶石:Moonstone Scrying Stone をゲット。って・・・うけた(´∀`*)うははw。こんなバグがあるんだねぇ。『1個持ってけ。』って処が特に良いねw。

んで、暫くして残業で遅れていたシカマルさんが合流して直ぐの戦闘で雑魚EPICがレジェ箱を落としバード以外のスカウト用腕装備のネメシス・ブレイサー:Nemesis Bracersをドロップし、シカマルさんの鞄へヽ(・∀・)ノおめでと~。そして、狩れる全部の雑魚EPICを全部しばき倒してしまい、いよいよネームドDoomwright Vakriztへチャレンジです。えっと、これまでもそうでしたが一度も勝てて無くて、人数も何時も通り少なくて2グループレイドですから、正味の話し今回も勝てるかどうか分かりませんでした。んで、やはりとても手強くて二回全滅し、最後の挑戦で・・・遂に撃破できました(`・ω・´)。通常のレイドグループなら雑魚のネームドでしょうけれども、うちらにとってはとても大きな勝利デス。きちんとログを分析し戦闘方法を検討した結果での、言い換えるなら力業ではない勝利という意味でもとても大きな勝利だと思います。そして肝心のドロップですが、鉄箱でして中味は一つだけでちょっと残念でしたけどフェイブルドなメイジ専用首装備のシルバー・スキーのサークレット:Circlet of the Silver Skiesをガーラさんがゲットヽ(・∀・)ノおめでと~。

さて、本当はこれで最後にしようと言っていたんですけど、勝てた勢いをかって未踏エリアへ進撃です。ここでは雑魚EPICがレジェ箱をドロップしレジェンダリなウォリアー専用プレート腕のドゥームレイジ・ヴァンブレイス:Doomrage Vambracesを弁財天さんがゲッツヽ(・∀・)ノおめめ~。そして、そのまま階段を上がりQuellithulian Cybrareumと言う部屋に入って新発見ボーナスをゲットした後、Pardas Preddと言うネームドと戦いました・・・結果は残念ながら敗退。このエピックは60%迄削ると雑魚の応援がやってくるんですけど、雑魚の襲来に耐えられなかったのが敗因です。これはどうやったらクリアできるかなぁ・・・やっぱり増員しないと駄目かしら?;結局、これが最後となり24時半にお休みなさいの挨拶と共にレイド解散。Dさん、イリルさんと居残って反省会を実施。この少人数でネームド狩れるならかなり美味しいねって事で次回もラボとなりました。それと、BBSに書き込んだ件について意見交換の後、25時頃おやすみの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA54.45 -> 54.75
でした。

うむ、今日は非常に嬉しい結果でしたね。雑魚ネームドかもしれないけど狩れるようになったのは本当に嬉しいデス。これで地道にファームを繰り返せばより大きな目標へ進めそうですね。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We held the 16th joint RAID in The Laboratory of Lord Vyemm today.
We have defeated "Doomwright Vakrizt" which was not able to win once until now.
I am a very proud feeling at the victory of the team devised not rough work but all together.

2007年4月12日木曜日

【今週のGANTZ】東京チームどうなっちゃうの(´・ω・`)?

久しぶりの連載でしたね。前回は筋肉ライダーの話が終わって大阪メンバーの姿を描写していて・・・仲間を見殺しにする、襲われている一般人を何とも思わない、麻薬でラリってる、そしてバイオレンスと、何の為にこんな描写を?って正直疑問に思いました。なので、感想も何もなくてブログに書かなかったんですけど、今回の東京メンバーにスポットを当てた話で何となく見えてきた感じデス。玄野が死んでチームとしての纏まりを失った東京メンバー達。風は前回の話でタケシを守る為に戦う事を誓った。んで、今回『なんで大阪に飛ばされたんだ?』って言っていた登場人物達の疑問を私も同様に思っていたんだけど、なんだか、東京チームの結束を固める為に、目的を考えさせる為に転送されたような気がしてきました。

もう玄野を生き返らせるのを止めようと言う坂田師匠。それに対して自分に気持ちを向けてくれない玄野を生き返らせる事のむなしさから同調するレイカ。おっちゃんも何故か同意。俺を生き返らせた師匠が何を言うんだ?と疑問に思う桜井。弟の事を思い死ねないと思う加藤・・・百点を取ってGANTZと関係なくなる事が重要なのか、玄野を生き返らせる事が重要なのか苦悩する加藤・・・そして、襲われている一般人を見て苦悩する加藤。やはり加藤ですかね。ここでしっぽ巻いて逃げるような男じゃないと思いたいです(`・ω・´)。

・・・一文字違いだったハズカ(/ェ\。))((。/ェヽ)チィ

21時ちょっと過ぎにEleonoraでログイン。グレさんとDさんに挨拶。んで、昨日Arbiter Selekの前で落ちていたので、会話して次のクエスト第一級の大犯罪を受領。今度はドゥームウィング・レギオンの宝物庫へ行くのかな?因みに会話内容はこんな感じ↓。

戻ってきたんだな。君のことを甘く見てたよ。
君が初めてではない。
私はあなたがドラゴンの言葉を不正な方法で習ったと思っていました。私の主によれば、ノーラスの人民が我々の言語を取得するにはかなりの努力が必要とのこと。あなたがそれを乗り越えた事は、あなたの献身の志を証明しています。
ええ、あれは......貴重な体験でした。
さっきの私の態度が無情だったと師匠に忠告された。真の天空の世界でのVeeshanの神殿で我が種族が仕えていた頃に比べると、私の人生はもっと複雑になったんだ。それを分かってくれ。
君たちはプレイン・オブ・スカイから来たのかい?
全ワームの母によって、私たちが彼女の領域を守るために作られたのは確かだ。知っている限り最も目的あるものに従事する喜びは言い表せないよ。母に仕えた栄誉は一生忘れない。
何か変化はあったか?
我らが母は身分の低い神たちによる些細な口論や争いを無視し、自分の群れを見守っていた。遠くにいても、彼女の存在は常に感じられた。だが、いつだったか彼女の存在を感じ取れなくなり、彼女の留守の間に我らの故郷は震え、衰弱していった。
天空に何かあったのか?
どうやって我々の悲しみをあなたに伝えていいのやら。私とあなたの世界の境界線が薄くなり、一時は全てが終わりそうだった。しかし、アウェイクン:The Awakenedの出現で我々はこのオーバーレルムでの使命に目覚めたのだ。
君は違うの?
ここではこれ以上言えない。ドラコニックの言葉には力が宿っている。誰かに使用を気づかれてはまずい。次の課題に移ろう。
例えばどんなもの?
もう一度、私にはできないことをやってほしい。私の親類が大切にしている書:Tomeの中に、私が必要とする情報が書いてある。私と私の師に自分の価値を証明したいのなら、その情報を入手せよ。大きい書:Tomeだと思うので、私が必要なページだけを破って来るんだ。
どこにあるか教えてくれるのか?
ドゥームウィング・レギオンの要塞の奥深くまで調べろ。番人がいっぱいいるはずだ。守護者を殺せば、入手できるだろう。
わかった、やろう。それ以外に情報は?
そう、これ以上は何も言わない。私が求めているものを手に入れるまで、戻ってくるな。
よし、わかった。

Pristine Imbued Rough Linen Blouse.jpgんで、グレさんは野良でDENへ行くみたいなのでDさんと遊ぶ事に。でも、うちのギルドもそうだけどフリーランスさんもログインしていないみたいなので暫く待ちましょうって事に。ひとまず街に帰還し装備を修理してたらイリルさんがログイン。サクッと誘って三人グループに。21時半まで待ってログインしてこなかったら野良でアンレストへ行く事に決める。そして待ち時間の間、街で見かけたPCのローブが良い感じだったので売ってないかなぁとブローカーをチェック・・・売ってない(´・ω・`)。似たようなの売ってないかなと似た名前で検索し、適当に完璧な魔力が込められた粗い亜麻布製の胴衣:Pristine Imbued Rough Linen Blouse購入してみた。この前は残念な結果だったけど・・・今回は満足行くデザインでした(´∀`*)。

さて、21時半を過ぎたけどうちもフリーランスさんもログインしてこないので諦めてLFM募集を掛ける・・・で、グループが埋まった位に、なんだかだんだんと身内がログインしてくる。ま、そんな事もあるさ(´・ω・`)。んで、アンレストの館:Estate of Unrestに21時50分に突撃。ヒーラー×1&エンチャンター×1なのでミスしないようにヒールしないとなぁとドキドキしながら始めたけど、みんな上手いのでとても安定してた(´∀`*)うほ。そして、最初の迷路なんだけど、通常は全員で掃除しながら鍵を探すんですが、今日はモンクのGさんがグループにいらして、じゃ、取ってきますよって・・・簡単に鍵二つゲットするのでもう吃驚。ここで凄く時間を節約できましたね。

そして、庭を時計回りに回って、ゴーストのお父さん>レシピ>豚肉>チェスの駒>東屋とクリアし館へ。館内部はやはり時計回りでまずはバーに。雑魚掃除の時、猫が襲ってきてとても怖かったけど何とかクリア。で、ネームドのThe Sadistic BartenderはWIZのBさんによるマナバーン:Manaburnによってあっさり撃破・・・凄すぎ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。残念ながらドロップは木箱でがっくりでしたが、Screwloose the Mad TinkererThe Priest of Fearは鉄箱だったのでちょっと嬉しかったかな。ただ、どちらも該当クラスが無くて残念でした。セットアーマー帽子はバード用のヴァーレンのサンダラス・キャップ:Vhalen's Thunderous Capで私がゲット。スペルはアウェイクン・グレイヴ(上級I):Awaken Grave(Master I)ツイステッド・オーラ(上級I):Twisted Aura(Master I)でした。前者はモンクのGさん、後者はDさんがゲットヽ(・∀・)ノおめめ~。時間は23時50分ときっかり2時間ですね。おやすみの挨拶を交わして解散。その後、Dさんとイリルさんと居残って、このペースなら最後まで3時間切るかなぁなんて感じで会話した後、おやすみの挨拶をしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA54.30 -> 54.45
でした。

うーん、最後まで行った事無いので次は是非最後までやってみたいですね。アンレストも最初は絶対無理とか思ったけど、だんだん上手くなってきたのか、はたまた、強い人たちと一緒だったのか分かりませんけども、スムーズに進行できるようになったかなぁ。この調子でファームして装備強化を図りたいところ。

それと、今日一緒になったWIZのBさん・・・ブログお友達のばなななさんだと思いこんで、ドキドキしながらご挨拶したんだけど・・・スルーされちゃって、アレ?って思い名前を良く確認したら・・・一文字違いだったハズカ(/ェ\。))((。/ェヽ)チィ。画面のこっち側で超絶赤面しながらスルーして貰った事に感謝しつつ私もなかった事にしたのはここだけの話(´∀`*)。そう言えば、うちの名前の一文字違いの人もいるし気をつけないと行けないねぇ。

それで思い出したけど、FF11をやっている頃、野良で入ったグループで妙に馴れ馴れしく話す人がいて、この人誰?って思いながら話してたんだけど、『なんだかおまえ今日はノリが悪いなぁ』みたいに言われて・・・『あの?;』って反応したら・・・『うぉ、思いっきり赤の他人だった。ごめ;;;』って。因みに私はChersinaって名前で種族は金髪おさげミスラの白魔道士だったんだけど、名前が一文字違いでアバターの容姿・服装も全く一緒(ツーか、アーティファクトだからみんな一緒になっちゃうんだけどね;)だったみたい。なんだか懐かしいなぁ(´∀`*)。
ま、そんな事もあったんだなぁって事で今日はここまで。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
I went hunting to Estate of Unrest with D-san and Ilil-san.
There is new discovery and we have got two iron boxes today.
Although Mob did not issue my equipment needed, I will go for a farm.

2007年4月11日水曜日

すっかり失念・・・あほですな(´∀`*)

21時20分頃Eleonoraでログイン。どっさんとDさんに挨拶。で、Dさんと今週のレイドについて簡単に打合せを行い、ラボに行く事にしました。そんで、どこに遊びに行くか相談した結果、『DTアクセス』をやるそうな・・・良く分からないんだけど、どうやらKoSにあるDTってインスタンスにはいる為のアクセスクエらしいです。ツー訳で、どっさん、ファウムさん、弁財天さんを誘ってBMクラッシュサイトへ移動。因みにエンチャントランド:The Enchanted Landsのスパイアから移動したんだけど、隣にいた方の装備が格好良くて調べてみたらドゥームレイジ~で始まるシリーズみたい。Dさんに何処でゲットできるのかなぁと尋ねてみたらラボの雑魚EPICがドロップするんだって。ふむふむ、この前はドロップ無かったけど、次回はせめてこういうのをゲットしたいもんだねぇ(´∀`*)。

Arbiter Selek.jpgさて、ボーンマイア:The Bonemireのクラッシュサイトに全員集合したのでクエ受領から開始です。まずクラッシュサイトから雲に乗ってcacotoxic stainへ移動します。続いて雲に乗ってクラッシュサイトへ戻る途中で浮いている小さな岩の上に飛び降ります。EQ2MAPを持っている人はArbiter Selekって表示を見ながらジャンプすればいいみたい。私はEQ2MAPを導入していないので、Dさんが雲で移動するのと同時に雲に飛び乗り、Dさんのタイミングを見ながらジャンプ・・・一発で成功ヽ(・∀・)ノやったね。そんでArbiter Selekと会話してクエスト陸? 空? それとも海経由?を受領。会話内容はこんな感じ↓。

なぜ私に話しかける? ノーラスの民などに私の状況は把握できない。貴様を殺してやってもいいか、別に意味も無い。私の言葉も行動も貴様には無意味だ。
いや、言葉の意味ならちゃんと判るよ。
何? ヴィーシャンの言葉をしゃべる地上人がいただと? 何人かいるとは聞いていたが、信じてはいなかった。
本当だ。あなたの言語を覚えるのに努力したんだ。
確かに時代は変わった。ちょっと前までは、君みたいな奴は我々の種に近づくことすらできなかった。我々は聖地に立ち、君の種の者の想像を絶するような驚嘆を目のあたりにしたものだ。しかし、それも過去の話だ。
それはどういうこと?
君には分からないさ。ドラゴンの関心事は、君らには分かりえないほど高度なものだ。そろそろ出てってくれないかな。考え事をしなきゃならないんだ。
まてよ。手伝えるかもしれないぜ?
君が手伝うだと? 君らが臨機応変だというのは聞いているけど、君が私の役に立てるとは思えない。邪魔しないでくれ。自分の居場所に戻って、私と会ったことは忘れてくれ。
私の力を証明するチャンスをくれ。
注意して物を求めるべきだ。まあ、いいだろう。君の真価を証明する機会を与える。しかし、この使命を試みたなら、君は帰らぬ人となると私は信じている。
そうでないことを証明してやる。何がいるんだ?
私自身が入手できない特定の情報が必要だ。我が師とのコミュニケーションが難しくなった今、新たな移動手段を使って直接お会いしなければならないのだ。
君の師は誰だ?
君の問題ではない。私は師匠に会うために、長い距離を旅しないといけないことだけ知っておけ。私は自由には動けなくなってしまった、監視されている恐れがある。
助けてあげよう。
よろしい、ノーラス:Norrathの人よ。無駄足を踏んでいるだけだ。気づかれないように私の師匠のもとへ行くのを手伝ってくれ。君の価値を証明してみせろ。
あなたの求めているものを持って戻ってくる、誰にも目撃されないようにね。

さて、全員クエストを受領したのでバーレン・スカイ:The Barren Skyへ移動します。目的地はエル・アラドの秘宝庫\:The Vaults of El'Aradデスね。ここは私は比較的最近遊びに来た場所だけど、Dさんは約半年ぶりとかでやり方忘れちゃったそうな(´∀`*)うひ。ま、途中から思い出して事なきを得ました。尚、途中シカマルさんがログインしたので入り口付近を掃除している位に合流して六人グループで攻略しました。んで、クエですけどVoEのボス部屋右の壁際に机・机・本棚と置いてありまして、机と本棚に挟まれた机の上に置いてある本を調べるとエルディアンの転移の書を発見しジャーナルヒットします。次のフェーズは我々の行動を目撃したボスのKorgo the Vault Keeperをしばき倒してお仕舞いです。このネームドは職業帽子をドロップするんですけど、今回は残念ながら木箱だったので何も無し。うーん、残念(´・ω・`)。ま、目的はクエだからっつー事でさっさとBMに戻ります。先程と同様の要領でArbiter Selekのいる小さな岩に飛び乗り会話です。会話内容はこんな感じ↓。

ほう、ノーラスの住民か。またお前に出会うとは思っていなかったぞ。どうせお前にあげた任務が出来なくて帰ってきたんだろ。
逆に、君にとって価値のある情報を見つけたよ。
すごい! 何を持ってきてくれたんだ?
テレポーテーションを研究中のエルダイト:Eruditeの金庫を発見した。この書:Tomeに使える情報が入っているはずだ。
よくやった。El'Aradの倉庫を見つけたようだな。あそこに私の求めていた物があることに君が気づくとは思わなかったよ。
最初から私を連れて行くつもりだったの?
もちろん。
だったら何でそこに行けと言わなかったんだ?
自分を証明するといっても、私が与えた難関を突破するだけのことではない。精神統一をし、ただ反応するだけでなく、物事をじっくり考えることができる地上人だということを証明するんだ。最初の試験はとりあえず合格だ。
では、師匠が誰なのか教えてくれるのかい?
いいえ。率直に言えば、君は私の師匠の偉大さを知る価値がない。しかし、この本を取り戻してくれたことに感謝する。
他に何か手伝うことは?
師匠との謁見をするため、クェリシューリアンの知識をそのうち使う。後で戻ってきたときに、他のことを話そう。
いつ戻ればいい?
ヴィーシャンの子に、時間なんてどう関係するんだ。師匠と話す時間がほしい。2日もあれば十分だろう。
よし、わかった。

うーん、なんだか言っている事の意味が所々分からないところがあるけど、ま、異種族だし自分勝手なんだと自身を納得させる私(´∀`*)。んで、続きクエストは暫くしないと受けられないそうで時間は24時ちょっと前と言う事もあり、次回ログイン時に受領する事にしてみんなとおやすみの挨拶を交わしてその場でログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA54.0 -> 54.30
でした。

この連続クエストは長丁場らしいんですけど、結構面白いと思っているので、出来れば明日続きをやりたいところ。ところで、最近ログイン率が低くて何でかなぁと思ってたんだけど、やっぱり新年度って事で、歓送迎会かなぁと思い至りました・・・ツーか、私自身も火曜日飲み会でログインしなかったのをすっかり失念・・・あほですな(´∀`*)。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We received Qwest called "By Land By Air By Sea" from Arbiter Selek which is in The Bonemire.
We went to "The Vaults of El'Arad", and found the book, "Korgo the Vault Keeper" was hunted, and we cleared Qwest.
Although I was glad to have cleared Qwest, since "Korgo the Vault Keeper" dropped the Tuleja box, I was regretful.

2007年4月9日月曜日

アンレスト行ってたらやばかったかも((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。

21時15分頃Eleonoraでログイン。イリルさんに挨拶・・・ってログイン少な(´д`)。暫くチャットしながらログインを待つも21時半を過ぎても、誰もログインせず。丁度そのくらいにヒーラーとエンチャンターを募集しているアンレスト行きLFMがあったので、のってみる事にしたんだけど、タッチの差で埋まっちゃって参加ならず(´・ω・`)。『今日ははまったりと小説でも読め、とゆー感じだな。それともLPでなんかクエでもやるかい?もしくはALTでも』ってイリルさん・・・うん、それも良いかもしれない。『ALTにキャラチェンジして様子見るので良いかも』と声を掛けLutetiaにキャラチェンジ。

イリルさんのブリガンドALTとブッチャーブロック山脈:Butcherblock Mountains港で合流し、Dockmaster Waulonから受けたクエスト港の犯罪から始めます。最初はアクアゴブリンからツー事で港から見える島へ泳いでいったんだけど・・・いないです。aqua goblinってのがいたのでやってみたけどヒットせず。『場所が違うのかな。海岸沿いとか関係あるかな?』『あ、ありそうね』『バジリスクもここにいるのと名前が違うね』『だね』って事で海岸に戻り、海岸沿いに北上していくとrustfiendって蝉の幼虫みたいなMobがいまして、クエの対象だったので四匹しばき倒してジャーナルヒット。近辺にcoastal basiliskもいたのでしばき倒してジャーナルヒット。最後にaqua goblin runtですが、これは海岸沿いにずっと走っていったらいました。さくっとしばき倒してジャーナルヒット。

港へ戻る途中、クエストSchmittyのサンダルの対象Mobのterratrodder(海岸にいる大きな亀)を二匹と、海の中にいるsea slugをしばきます。因みにsea slugのグラは思いっきりナメクジでした('A`) 。残りはアネモネなんですが近辺にいないようなので、ひとまずDockmaster Waulon港の犯罪を報告してクエストクリア。そして、連続クエみたいですね。次のクエストお届けものです、船長殿!を受領。ネク森側桟橋にいるCaptain Stonnackyと会話してクリアし、船長から船長のご命令!を受領。因みにキャプテンとの会話はこんな感じ↓。

ヤッハッハ! で、俺が奴に「キャプテンの娘さんとキスしたいか?」と質問したら、奴は目を閉じやがった。当然ながらその時点でぶっちゃけたわけさ! ヒャッハッハッハ……
あの、Dockmaster Highpebbleからこのコインを預かっているんですが。あなたの船員たちの週給だと思います。
お前、Bosun Oxeyeか? 壊血病に侵されたければ、さっさと「ティモラスのテラー」の出航の準備をしないとな! 野郎どもを集めていかりをクールにあげるって広言しな!
はい? 私はBosun Oxeyeじゃないです。誰かと勘違いしているようですね。
偉そうな口を利きやがって! さっさと黙らんと、船長サマのムチでビシバシ打っちゃるぞ! そんなのヤだろ? だったらとっとと船乗りどもを集めてよ、次の指令書を届けてこい! 船の掃除が終わりしだい、1人残らず船に乗っけて、たっぷりコキ使ってやる! やってくれたら1週間分の給金を前払いしてやるからよ。
週給? はい、わかりました、キャプテン。その指令とは?
まずは船員を見つけな。最初にBimini Bowchaserにボート・フォールのフレムとラインの整理の確認をしろと伝えな!
わかりました、次の指令は?
次は水兵のMizzen Staysailを見つけな。あのチビにはブライト・ワークをやめてデッキをクランプしろと言え!
わかりました。その後は?
最後に小娘のTally Topgallantを見つけろ。彼女にはハッチを閉める前にラッシュ・アップとストウをやれと言え!
アイサー! 伝えに行ってきます!

んで、港にいるBimini BowchaserMizzen StaysailTally Topgallantと順番に会話デス。尚、キャプテンの命令を選択肢から選ぶんですが、上の会話を参考にどうぞ(´д`)。んで、Captain Stonnackyに報告してクエストクリア。再びDockmaster Waulonの所に戻って報告しお届けものです、船長殿!をクリアし、続きクエストの航海中の大惨事を受領。

さて、Schmittyのサンダルが中途だったので、アネモネを探して再び海中に。なかなか見つからなかったけど、港から見える小島の海岸近くにいました。グラは棘の生えたスライム?って感じ。規定数をしばき倒してSchmitty McEricsonに報告です。会話はこんな感じ↓。

うわ! 魚臭い! あ、君か……申し訳ない。
とにかく、必要な材料を持ってきた。
は? ああ! サンダルのな。そうだったな。信じられるかどうか知らんけど、サンダルが見つかったんだ! 砂の中に埋もれてたようだ! ハハハッ!
そりゃよかったな……だが、この奇妙な動物の部位をどうすればいいんだ?
まあ、無駄にしちゃまずいからな。そうだろ?
どうせだったらサンダルを作ってしまえばいいだろう。私も使えるしな。
それはいい案だ! どれどれ。この糸はこの穴を通って……
結構時間かかりそうだな。そうだろ?
これはここに入って……おい。数分後に戻って来い。その時までにはサンダルを作っておくから。

さて、時間は22時45分とまだまだ早い時間なんですけど・・・今日は何だか猛烈に眠いデス('A`) 。『ま、むりしないことだねw』と言うイリルさんの言葉に甘えて、早めだけど落ちる事に。因みに少し前にどっさんを誘い、BBMに到着したところでこのような仕儀となり・・・どっさん、面目ごりゃりませぬ。ツー事で、おやすみなさいの挨拶をしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
ミスティック LV40.47 -> 40.53
でした。

うーん、今日はとっても眠かった。アンレスト行ってたらやばかったかも((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
I played Qwest of BBM with ALT of Ili-san using Lutetia.
I was very sleepy and I logged out before 23:00.
Can I play tomorrow?

2007年4月8日日曜日

画面のこちら側で死ぬ程笑いましたヾ(〃^∇^)ノ

21時15分頃Eleonoraでログイン。レッツさんとイリルさんとグレさんに挨拶・・・ってあれ?w。『お帰りー>イリルさん』『ただいまでありますよ』とご挨拶。何をしているか訊いてみたけどソロ活動中のようなので『サクッとOoB>CoVツアーでも開催しますか?』とお誘いしたところOKとの事。グレさんにモンクキャラを出して貰い、フリーランスからガーラさんとファウムさんを誘って21時45分頃オベリスク・オブ・ブライト:The Obelisk of Blightへ突入。

で、イリルさんから木立をやりたい旨依頼があり、スクロールの置いてある場所を回りました。最初のInterrogator Bruekは木箱でがっくり来たけど、移動途中のOcculator Yxorxが鉄箱を落としアボミナブル・アンガー(上級Ⅰ):Abominable Anger(Master I)をファウムさんがゲッツヽ(・∀・)ノおめめ~。それと、今日はなんだかドロップが良いようでZzorzzazxxからブライト・バックラー:Buckler of Blightと雑魚のa hungering receptacleからシャドウガード:Shadowguardをゲットしました。

Gleeg-san.jpgその後ですが、非アグロ状態のボスに向かって直線を突っ切る際に、グレさんがFD失敗して死亡したんですけど、リバイブ掛けても死んだ体勢が変わらず、そのままの体勢でずっと戦闘してました。これだけでもかなりシュールな状況なんですけど、突然←こんな感じで空中に浮いたままの体勢に変化し・・・画面のこちら側で死ぬ程笑いましたヾ(〃^∇^)ノ。ある意味最強の敵かも(´∀`*)。



Jale Phlintoe`s Wildfire Boots.jpgそれと忘れてはならないのは、ファウムさんが木立の最後のスクロールを取ろうとして誤ってレッサー・フェイダーク:Lesser Faydarkへ出るスイッチを押してしまい一人だけ退場してしまった事。当然、ロックがかかっているので再入場ならず・・・そして嫌な予感は的中するモノでラスボスのAxxyk'Tuurからドルイド用のセットアーマー足装備であるジェール・フリントーのワイルドファイアー・ブーツ:Jale Phlintoe's Wildfire Bootsがドロップ(´・ω・`)残念。ま、また来ましょう(*´д`*)


じゃ、次っつー事で22時51分にヴァルドゥーンの地下堂:Crypt of Valdoonへ突入。尚、レッツさんが限界との事でCoVには交代でどっさんが参加してくれました。暫く時間が掛かりそうなので先に進め、どっさんは後半戦位からの合流でした。んで、OoBとは打って変わってCoVではドロップがしょっぱいしょっぱい。結局ラスボスのCount Valdoon Kel'Novarのレジェ箱一つだけでしたけど、内容が良かったです・・・中に入っていたのはウォリアー用セットアーマー腕のストロングベアのスチールスキン・フォア・アーム:Strongbear's Steelskin Forearms。当然、どっさんの鞄にヽ(・∀・)ノおめめ~。『やったー^^ ありがとー^^マジでうrしいw』ってホント嬉しそうで良かった。時間は23時45分と丁度良い感じ。その場でおやすみなさいの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA53.85 -> 54.0
でした。

うーん、それにしてもファウムさんのブーツは残念だったけど、今日はどちらも当たりだったので来た甲斐がありました。特にどっさんには無理を言って参加して貰った事もあるので、良いお土産が出来てホントに良かったと思います。それと、OoBでドロップしたブライト・バックラー:Buckler of Blight、これ前から欲しかったのでドロップして嬉しかったです。ヒールとダメージスペルの15アップが嬉しいですね。グレさんの鞄に入ってるけど、後でトレードしてくれるそうなので楽しみにしています(´∀`*)。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We went out for "The Obelisk of Blight" and "Crypt of Valdoon" for the farm.
As for today's tour, we got many legendary equipment by great success.
I laughed heartily on the graphic problem of Gleeg-san, and very pleasant time was spent.

2007年4月7日土曜日

【今週の水槽】チェックしてみたら・・・平気でした(´∀`*)

suisou_2007_04_8.jpgかりーさんのブログを見てたら、水道水のNO3量が25との事で、まさかうちでも?と思いチェックしてみたら・・・平気でした(´∀`*)。

エッと、水槽の調子ですが良い感じです。ガラス面に付着する緑苔もとても少なく、今週も水換え等のメンテナンスを実施しませんでした。因みに水質も変動が無く蒸発した分の水を三リットルほど補給して終了でした。

お魚については、先だって導入したレッドミッキープラティ・・・ペアで購入しようと思ったのですがショップに雌しか居らず、仕方なく雌二匹購入したはずなのに、ふと気が付くと一匹雄になってるΣ(゜ロ゜;)。うーむ、性転換したかな(´∀`*)。

NO3:10-25
NO2:0
GH:3
KH:0
pH:6.4
PO4:0.1

集めたいんですよねぇ(´∀`*)

20時45分頃Eleonoraでログイン。ロメロさんとガーラさんに挨拶。イリルさんもログインしてきたので挨拶しアンレストへ遊びに行こうとグループを組む。ロメロさんとガーラさんにも『もう少し人数揃ったらアンレストでも行きませんか?』と誘いOKを貰う。ウム、残り2名ですね。暫く待っているとグレさんがログインしたので誘ってみたらOKとの事。残り一人を21時半頃まで待ったけどログインしてこなかったので『21時半になったので、先に入ってログインしたら誘う感じで如何でしょうか?』と声をかけ了解が得られたので、イリルさん、ロメロさん、ガーラさん、グレさんと私の五人で22時頃アンレストの館:Estate of Unrestへ突入。

最初のcucuyで死んだりしたのでちょっとやばいかなと思ったけど、暫くしたら安定してきてホッとしつつ攻略開始。迷路の鍵>チェスの駒>豚肉>レシピの順に回った後、屋敷に突入。因みに屋敷に突入する前にアデルさんがログインしたので参加いただいた後は、とても安定して狩りが出来ましたよ(´∀`*)。屋敷に入ってからはキッチン>バー>遊戯室>左右の塔>中央階段と進みました。因みにネームド戦ではScrewloose the Mad Tinkererが鉄箱を落とし、ロアのユーフォスティック・ロンプ(上級I):Lore's Euphuistic Romp(Master I)をオールクジでガーラさんがゲッツヽ(・∀・)ノおめめ~。中央階段のTorklar Battlemasterをしばき倒したのが24時少し前と、前回と比べて随分早く到達出来ました。

ここからは謎解きが未だつー事で、まずは中央階段右から攻め、通路を屋敷奥方向へ。二階の攻略は比較的楽に出来たのですが、三階の本Mobの部屋が厳しかったデス。何トリガーか分かりませんが、ポップしたゾンビが強く、ここで数回全滅を食らいました。駄目かなぁと思っていたら何故かゾンビがデポップしたので普通に本をしばき倒して次の部屋へ。入るとNicadius's Master Bedroomを新発見でAAゲッツヽ(・∀・)ノうひ。

Nicadius Quellbornと会話した後、屋上に出てスイッチを入れました。その後東屋へ移動してJessa Quellbornと会話したんだけど行き詰まったので、二階を見直してみようと中央階段右に出て、やってなかった真ん中の部屋に行ってみるとThe Fallow Nurseryを新発見し、spirit childと会話。ポップしたMobとBillyをしばき倒して楽譜をゲッツ。音楽室に行ってピアノをひいたけど進まないので、三階に行ってNicadius Quellbornと会話したら楽譜が完成。音楽室に戻ってピアノをひいたのち、音楽室に階段が現れます。

The Priest of Fear.jpg現れた階段を登っていくとThe Defiled Chapelを新発見し、The Priest of Fearをしばき倒しました。結果は鉄箱で、セットアーマーの頭は、ENC向けのダークブライアー・マスカレード・ガイズ:Darkbriar's Masquerade Guiseって事でイリルさんの鞄にヽ(・∀・)ノおめめ~。残りのレジェアイテムはフェイスレスの磨かれたシンボル:Polished Symbol of the Facelessがグレさんに、
Modinthalis.jpgダージのアーツクララのカタストロフィック・カコフォニー(上級I):Clara's Catastrophic Cacophony(Master I)とファイター向け片手剣Modinthalisは私の鞄に。アーツはグレさんのALTが使うかなと思い、グレさんにトレードで渡しました。時間は25時半を回っており、これから先はさらに1時間半から2時間はかかる見通しとの事ですので、次回にチャレンジという事で解散。おやすみなさいの挨拶を交わしてログアウツ。


と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA53.23 -> 53.85
でした。

うー、やはりアンレストはハードですが楽しいですね。今回少し謎解きが進んだので次回はもうちょっと早くThe Priest of Fear迄到達できるのではないかと期待しています。今回イリルさんはセットアーマーの頭をゲットした事で三つ装備が揃ったそうですので、私も後一つで三つなので後を追いたいですね。セットアーマーって三つと六つそれぞれ揃った所で特殊効果が現れるので集めたいんですよねぇ(´∀`*)。ま、次回以降に期待しましょうヽ(・∀・)ノいやっほー。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We went to Estate of Unrest.
It progressed from last time and we have captured to "The Priest of Fear" which drops the head of set armor.
It is a pleasant instance although it is hard.

2007年4月6日金曜日

第十五回合同レイド(´∀`*)

21時頃Eleonoraでログイン。レッツさんと挨拶。まだちょっと早いか(´∀`*)。さて、今日はレイドの日です。集合はボーンマイア:The Bonemireに22時ですのでブローカーでお買い物でもして待ちましょう。カメレオンのトーテム:Totem of the Cameleonが残り少なくなってきたので六個購入し、食べ物も切れていたのでスクリーウォギンのサプライズ:Screewoggin's Surpriseとやらを購入。出来ればWIS+な食べ物が欲しかったんですが見つけられなかった(´・ω・`)。後、普段着にローブが欲しいなと思い、白系のローブが欲しかったので名前から想像して花嫁の婚礼衣装:The Bride's Ceremonial Vestmentとやらを購入したけど・・・デザインがイマイチ。んで、ブローカーのアイコンが良さそうに見えたので暗き道のローブ:Robe of Dark Corridorsを購入したんだけど・・・黄色だよorz。ちょっと着る気になれず、折角購入したけど試着のみで鞄に放り込むヽ(`д´)ノきー。

で、時間を見ると21時45分頃でそろそろやばい時間。急いでネク森スパイアに移動し到着した先は・・・バーレン・スカイ:The Barren Sky・・・( ̄(エ) ̄)ゞ間違えちゃった。時間は21時58分。うひー、遅刻だぁとメチャ焦りながら移動。どうにか五分遅刻で済みました。そして、22時10分にロード・ヴァイムの研究所:The Laboratory of Lord Vyemmへゾーン。本日の参加メンバーは、フリーランスからDさん、ガーラさん、弁財天さん、トラナさん、ウルティメイトからグレさん、ロメロさん、タジタジさん、レッツさん、私の合計九名デス・・・うーん、少ないですねぇ。構成はファイター×3、プリースト×2、メイジ×3、スカウト×1デス。ヒーラーが少ない事と、イリルさんがいないのでMezer無し・・・死ぬかなと思って挑んだんですけど、意外や行けるんです。結果は雑魚EPICのみで、LV70の二匹セット迄は普通にやれるんですけどLV70の三匹セットは駄目でした。それと、ドロップが・・・今回は何も無し。前回は鉄とアルミが出たので期待したんですけど、ま、出なかったのは仕方ないですね。また今度チャレンジしましょう。で、24時頃『今日のところはこのへんでかんべんしてやるか』とレイド終了。そのままおやすみなさいの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA53.03 -> 53.23
でした。

ぁ、しまった。次回レイドの相談するのすっかり忘れてたorz。と言うわけでDさん、ちょっと相談しましょう(´∀`*)。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We went by RAID to "The Laboratory of Lord Vyemm."
Since there were few intervenors, I was it worried whether we can fight or not.
But since hunting was completed ordinarily, I was surprised.

2007年4月5日木曜日

でも確実にタゲとって即死だわなぁ(´∀`*)

21時ちょっと過ぎにEleonoraでログイン。ぬ・・・だれも居らん(´・ω・`)。と思ってたら直ぐにどっさんとロメロさんがログイン。こんばんは~。さて、と思ったら洗濯機が止まったので洗濯物干しAFK(´∀`*)。暫くして戻ってもメンバーに変化無し。今日はイン率低そうだね。因みにDさんとイリルさんもログインしていないのでブローカーを眺めたり、どっさんから送られてきた至高のパワーのエッセンス:Superior Essence of Powerをポストから受け取ったり、CONNさんとテルで会話したりして過ごしてました。因みにCONNさんとはコードギアスのことを話してました。

そうこうする内に、トラナさん、Dさんとログインしてきたので遊びに行こうと誘い、Dさん、ロメロさん、トラナさん、ガーラさん、イリルさんと私でCoV->OoBツアーに出かける事に。22時20分頃ヴァルドゥーンの地下堂:Crypt of Valdoonに突入。因みにイリルさんは合流が少し遅れていて、最初のネームドElenorel the Beast Tamer手前まで掃除して待ち、合流したところで戦闘開始。結果は外れでElenorel the Beast Tamerのトレジャー宝箱からブラッドファング・リング:Bloodfang Ringのみ・・・(´・ω・`)寂しいのぅ。んで、次のネームドIrodal the OriginatorIrodal the Originatorの精緻な箱からマレフィック・クリエーター・ブーツ:Boots of the Malefic Creatorでちょっと当たり。トラナさんの鞄へヽ(・∀・)ノおめめ~。そして、最後のネームドCount Valdoon Kel'NovarCount Valdoon Kel'Novarの精緻な箱からトルーボーン・ブラッドシーカー・ブーツ:Trueborn Bloodseeker Bootsキシコウのナイトハンター・リストガード:Kithicor's Nighthunter Wristguardsが出たけど、該当クラス無しでがっくり(´・ω・`)。

Shadowguard.jpgじゃ、次って事でオベリスク・オブ・ブライト:The Obelisk of Blightに23時20分頃突入。最初のネームドInterrogator Bruekは木箱でがっくり(´・ω・`)。移動途中雑魚目玉がアルミ箱を落として吃驚。中身は→an observer of shadowsの精緻な箱からシャドウガード:Shadowguardで、Dさんの鞄にヽ(・∀・)ノおめめ~。そんで、ラスボス前のネームドはこれ→Gretalik the Bloodbourneの精緻な箱からシャドウソング・チュニック:Tunic of Shadowed Songs。そしてラスボスはと言うと・・・久しぶりの鉄デスよヽ(・∀・)ノうきー。
Rain of Arrows.jpg中身はこんな感じ↓。
Axxyk'Tuurの精巧な箱から
データマイングロウス・レギング:Leggings of Determined Growth
ジェール・フリントーのワイルドファイアー・ブーツ:Jale Phlintoe's Wildfire Boots
Rain of Arrows (Master I)

これまた残念ながら該当クラス無しでがっくり(´・ω・`)。レギングはトラナさんが装備できるんだけど既に持っているそうな。ツー訳でオールくじ。装備二つを私が、アーツをDさんがゲッツヽ(・∀・)ノありがと~&おめめ~。時間は24時ぴったり。うーむ、40分で攻略とは凄いね。良い時間なのでその場でおやすみの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA53.03 -> 53.21
でした。

今日はなんだかスカウト系の装備・アーツ日和でした・・・グループにいなかったけどなー('A`) 。で、今日どっさんは、クラさんとストロイさんと遊ぶ約束をしているとの事で参加しなかったデス。事前に言っておいていただければ私も参加すると伝えました。と言う事で教えてね、どっさん。あぁ、それと、NECのAAでメガンテとかマダンテがあるんだそうな。もちろん名前は違うけど、DQで言うところの←こういうスペルがあるらしいのね。メガンテって確か自分を犠牲にして敵全員に大ダメージを与える呪文・・・うーん、凄い。後、マダンテって分からなかったから調べたんだけど、全魔力を放出して巨大な爆発を引き起こし、敵全体に全MPの三倍のダメージを与えるって・・・これ仮にMPが一万だったら三万ダメージって事?・・・凄すぎ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。まぁ、でも確実にタゲとって即死だわなぁ(´∀`*)。はてさて、ロメロさんがどれをチョイスするのか楽しみだわ(*´д`*)。
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We went to Crypt of Valdoon and The Obelisk of Blight to play.
We got four aluminum boxes and one iron box.
However, since the class which can be equipped was not, we were disappointed.

2007年4月4日水曜日

みんな凄すぎ(´∀`*)

21時20分過ぎにEleonoraでログイン。ロメロさんとレッツさんに挨拶。DさんとIlilさんがログインしてたので、みんなを誘って遊びに行く事に。『OoB->CoVで良いかな?』って確認したらDさん『COVねーさっき行っちゃったー』との事。『あら残念。それじゃOoB->MM地下墓地で』と提案し直してみたら『アンレストは?』とイリルさん。良いね~って事で目的地はアンレストに決定。さぁ移動と言うところで洗濯機が止まる(´・ω・`)。『ぁ、ごめ、洗濯物AFK。良かったらLFGでヒーラー募集しておいて。』と言い残して洗濯物干しAFK(´∀`*)。

五分ちょっと経って戻ったところでグレさんがログインしていたので、アンレストに行かない?って確認してみたけど『アンレスト長いのでこんどでおねがいします^^』との事で、そのまま五人で行く事に。21時45分頃アンレストの館:Estate of Unrestに突入。さて、以前来た時は2ヒーラーでもきつかったのに、今日は1ヒーラー。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしながら初めて見たんだけど、イリルさんがいるお陰なのか、それともみんなの底力が上がったお陰なのか、楽勝とまでは行かないけどそれなりに行ける感じ。ただ、敵が堅いのとDPSが足りないのとでちょっと戦闘が長いかなと感じました。

さて、以前来た時は全然謎が分からなくて右往左往してたんですけど、Dさんやイリルさんがかなりやり込んだみたいで、スムーズに進行していきます。んで、最初の山場はバー・・・例の猫が黒豹になっちゃう場所ですね。今回、何時襲って来るんかなぁと思ってたら、プルミスでエライ事になっているさなかにやってきちゃってもう大変((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。一瞬死ぬかなと思ったけど、どうにか殲滅。みんな凄すぎ(´∀`*)。そして、問題のThe Sadistic Bartender。前来た時は冷気系のAEでズタボロだったんだけど、イリルさんのアドバイスでAEが来る前に移動すればOKとの事でチャレンジしたんですが、AE来る前のスタンで身動き取れず、これまた死を覚悟(´・ω・`)。ま、じたばたしながらもどうにか討滅。この後キッチンをやった後、レッツさんと交代でどっさんがヘルプで参加してくれました。

Cruel Innovator`s Ring.jpg続いてはチェスボードのある遊戯室。雑魚を掃除してからScrewloose the Mad Tinkererをポップさせ戦闘開始するも・・・全滅。みんな鞄に放り込まれた爆弾をちゃんと処理できずに爆死しちゃったみたい(´・ω・`)。どうやら、一番若い番号の鞄の空きに放り込まれるようで、私は空っぽの鞄を一番枠に設定し、その鞄だけを表示してやってみました。こうしておくと一目で鞄に爆弾が放り込まれたのが分かるので良かったのですが、みんなはそんな空き無いよって事で苦労したみたい。全滅した後リバイブしてリスタートしMezし易いように遊戯室の外にプルして戦闘開始。今回も爆弾食らっている様子が見受けられましたが、先程と比較して上手くいっているようで、なんとか討滅。ドロップは↓こんなのでした。リングは私の鞄にヽ(・∀・)ノありがと~。もう一方のScrewloose's Lever Screw二つはDさんとロメロさんに。

Screwloose the Mad Tinkererの精緻な箱からCruel Innovator's Ring
Screwloose the Mad Tinkererの精緻な箱からScrewloose's Lever Screw

Screwloose's Lever Screwは塔の上の装置を動かす時にはめ込むモノらしいです。はめ込んだ後、イリルさんとロメロさんがそれぞれインビジして同時にスイッチをオンにして、真ん中の大広間の鍵を開けました。雑魚を掃除して階段踊り場付近にいるTorklar Battlemasterと戦闘。こいつは嫌らしい技は持っていないモノの、とにかくHPが多いみたいで、うんざりする程戦闘が長かったデス・・・でもログで確認すると3分30秒だなぁ・・・多少長い感じ位?おまけにドロップがしょっぱくてTorklar Battlemasterのトレジャー宝箱からTorklar's Backup Hammerって『コイツの使った後かよ』とのDさんの突っ込み通り('A`) うへぇって感じ。さて、時間は24時半。この次のフェーズはセットアーマーの頭らしいけど、攻略に最低30分は掛かるそうな。どっさんは24時迄の所を延長して突き合ってくれていたので、潔く今日はここまでとし、また遊びに来ようと約束して、各自こねこねして街へ。おやすみなさいの挨拶を交わしてログアウツ。

と言う事で今日の成果は・・・
テンプラー AA52.59 -> 53.03
でした。

うほー、今日は凄く良い指輪貰っちゃって嬉しいなぁ。これWIS+28/INT+28も嬉しいけどFTⅧが激しく嬉しいな。このところ他のステータス重視でFTの付いていない装備中心になってきているので余計嬉しいデス。イリルさんは貰っても装備しないからいらないと言っていたけど、ロメロさんやレッツさんは欲しいんじゃないかなぁ。もちろん他のギルメンでもメイジ/プリースト系の人たちは欲しいアイテムだよね。幸いトレード不可は付いていないので通って集めるのが良いかもしれない。それと、このアイテムだけじゃないけど、他のアイテムも強いのがあるらしいのでファーム目的でここに来るのは凄く良い感じ。それにも増して、ハードな狩りが楽しめるのが良いね。ツー事でまた行こう(`・ω・´)
ではこの辺で。おやすみなさい。

��今日の3行ブログ>
---
We played Estate of Unrest.
We hunted Screwloose the Mad Tinkerer and I got Cruel Innovator's Ring.
Since I was very pleasant, I want to go again to play.